スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
ジェレミー・サンプター 「インターネット/甘い誘惑」
ジェレミー・サンプター Jeremy Sumpter

CyberSeduction04.jpg

なかなか観れないだろうと思っていたジェレミー・サンプターの作品『Cyber Seduction: His Secret Life』が、邦題『インターネット/甘い誘惑』でスター・チャンネルで放映されます。5月11日、17日と放映され、次回放映は5月24日(木)11:20~13:00, 5月28日(月)7:00~8:30
Youtube動画で少し観ることができたが、やはりちゃんと観れるのは嬉しい。ホワホワ髪と睫がクルッとカールしたキュートな目元が印象的なジェレミーがちょっと大人っぽくなりドキッとさせるが、チャームポイントと思う人懐っこそうな笑顔は変わらずに可愛い。この作品ではピーター・パンの無邪気な少年とガラッとイメージは変わり、インターネットのポルノサイトに嵌っていく高校生ジャスティンを演じる。

CyberSeduction06.jpg

10代の若者のインターネットの危険性を描いた作品と思うが、1時間40分程の作品だから、展開は早い。悪友に勧められたポルノサイトに、最初は好奇心から、次第に夢中になって行く。水泳チャンピオンの彼は周囲の人々から期待される優等生だし、温かい家族と可愛らしい彼女もいて、なぜ?と思わせるが、彼がポルノサイトに嵌る環境や経緯はありがちな設定でもある。クリスチャンの彼女エイミーからは「する時は感動的にね」とおあずけを喰らう彼が夢中になるのは、ポルノサイトの上級生モニカである。そして、彼がネットでポルノを見ているのをすぐに気付く母親だが、思春期の男子ならとあまり気にしない父親。であるが、母親は神経過敏に反応する。これが返って自体を悪化させる要因の一つと思った。息子を心配する彼女なりに、ポルノ常習の怖さを真剣に取り組んではいるものの、インターネット禁止、外出禁止となれば火に油を注ぐようなもの。「この家に持ち込まないで!」と全拒絶。悪友からは変態扱いされ、水泳優勝者の座からも落ち、拠り所がポルノサイトとは切ないが、そんな歯止めが利かなくなった彼が、想像力で誘惑されていた目的のモニカを目の前にして、やっと我に返り、今までの情熱があっけなく冷めるのである。好奇心旺盛の思春期の子を無理やり否定や拒絶されれば逆効果と思った。こうなった以上、行き着く所まで気が済むまでやって初めて学ぶというのも、人生を棒に振ってしまう危険性を伴うと思うが。ジャスティンの場合、転落せずに戻って来られるのは、母親の彼への強い愛情と、家族や大切な彼女の存在があったからか。そして、弟のアレックスは驚きと興味を持つが、兄を慕う彼は、気味悪く否定する事なく事態を冷静に捉える、周囲では一番大人に思えて好感持った。

CyberSeduction05.jpg

『インターネット/甘い誘惑』 Cyber Seduction: His Secret Life
2005年 アメリカ (TV)
監督 トム・マクラフリン (Tom McLoughlin)
出演
ジェレミー・サンプター (Jeremy Sumpter) ・・・ジャスティン・ピーターセン
ケリー・リンチ (Kelly Lynch) ・・・ジャスティンの母親
リンゼイ・フォンセカ (Lyndsy Fonseca) ・・・エイミー
ジェイク・スコット (Jake Scott) ・・・弟アレックス
ニコール・ディッカー (Nicole Dicker) ・・・モニカ

CyberSeduction01.jpg  CyberSeduction02.jpg  CyberSeduction03.jpg

ジェイク・スコット Jake Scott
弟のアレックス役の彼もなかなか可愛い子です。
 Jake Scott - Moviekids.org
JakeScott01.jpg

 『ピーター・パン』の感想記事はこちら
 『ピーター・パンの少年達』ロストボーイズについての記事はこちら
 ジェレミー・サンプターの前記事はこちら

CyberSeduction07.jpg

 そして素敵なサイト様の紹介です!ジェレミー・サンプターの日本のファンサイトです。ピーター・パンで時が止まってしまった彼の今を知りたいジェレミーファンの方は多いと思います。ジェレミーの新たな魅力を発見できます。ピーター・パン前のジェレミーも凄く可愛い!!
 ジェレミー・サンプター☆私のアイドル

ikiram.gif 気に入ったらこちら→ 洋画ランキング
スポンサーサイト

Thema: 美少年 - Genre: 映画

【2007/05/19 03:29】 | ジェレミー・サンプター | Trackback(0) | Comment(3) | page top↑
ジェレミー・サンプター
ジェレミー・サンプター Jeremy Sumpter

Jeremy_s3.jpg

1989年2月5日生まれの現在17歳、ジェレミー・サンプターの出演作品映像を厳選しました。
『ピーター・パン』以降は映画出演がなく日本で見ることができなかった彼は、アメリカでテレビシリーズ、2004年の『Clubhouse』2005年の『Cyber Seduction: His Secret Life』と活躍中。
これくらいの年頃の子の成長は早いです。大人っぽくなったけど、あどけないキュートな笑顔は相変わらず。

Jeremy_s1.jpg

『Murphy's Dozen』(TV.2001) 『Frailty』(2001) 『Raising Dad』(TV Episode1.2001) 『ER』(TV Episode1.2001) 『ローカルボーイズ』Local Boys(2002) 『Just a Dream』(2002) 『Clubhouse』(TV Series.2004) 『Cyber Seduction: His Secret Life』(TV Series.2005)
そして、新作映画『The Sasquatch Dumpling Gang』(2006)では主役のGavin役 『An American Crime』(2007)と出演する。
『Clubhouse』ではニューヨークのメジャーリーグのbatboy
『Cyber Seduction: His Secret Life』では水泳のチャンピオン選手の高校生でインターネットのオンラインポルノにはまっていくジャスティン(Justin)
『ローカルボーイズ』と『Just a Dream』(輸入版)はDVDが発売されている。この頃の髪の短いジェレミーかわいい!

Jeremy_s2.jpg  Jeremy_s4.jpg  Jeremy_s5.jpg

★ Raising Dad ★


★ Local Boys ★


★ Just a Dream ★


★ Clubhouse Interview ★


★ Clubhouse ★


★ Cyber Seduction: His Secret Life ★


★ Cyber Seduction: His Secret Life ★


★ Jeremy Sumpter Peter Pan Mix ★


Thema: 美少年 - Genre: 映画

【2006/12/17 01:55】 | ジェレミー・サンプター | Trackback(1) | Comment(0) | page top↑
ジェレミー・サンプター 「ピーター・パン」
ジェレミー・サンプター Jeremy Sumpter

「ボクを残して、キミは大人になる・・・・・」
pt-4.jpg

世界中の人々に愛されるジェームス・マシュー・バリの戯曲『ピーター・パン』は1904年にロンドンの劇場で初演してから100年目にして、原作に忠実に特殊効果を駆使して、ファンタジックにロマンチックに映像化された。ネバーランドの少年ピーター・パンを演じるのはジェレミー・サンプター。可愛らしい青い瞳と、ホワッとした柔らかい捲き毛の金髪。天真爛漫なあどけなさと、野性的な表情を持ち合わせた美少年である。
1989年2月5日 アメリカ カリフォルニア州

pt-21.jpg

pt-16.jpg

pt-7.jpg

pt-10.jpg

『ピーター・パン』今まで何度も舞台では女性により演じられてきた。また、アニメ化されたり、スピルバーグの映画「フック」では40歳の大人のピーター・パンをロビン・ウィリアムズ演じたりと、実年齢の少年が演じるピーターパンは初めてであった。原作で述べるピーター・パンは「自分のことを『素晴らしい少年』と呼び、さっき遊んだことも、友人のことも忘れてしまう、自惚れや」である。そこが魅力であり、ネバーランドの住人やロストボーイズたちに慕われている。ジェレミー演じるピーターも自信過剰で、わがままな所もあるけれど、正義感が強く、繊細で傷つきやすく、自分を庇ったティンカー・ベルの為に嘆き哀しんだり、感情の起伏を見事に自然に演じている。また、アクションシーンも多く、ワイヤーアクション、フェンシングなど、撮影や訓練はハードだったらしいが、さすがは活発で勘がよく運動神経抜群である。

pt-12.jpg

この映画で最も重要視された、ピーターとウェンディーの恋。けっして結ばれない二人の切ない初恋。恋を知らない少年ピーターがウェンディーに惹かれ始め、ウェンディーもピーターの勇敢さに恋心を抱く。ウェンディー役のレイチェルのドキッとさせる大人の表情は美しい。少年少女の思春期前ならではの、ときめく甘酸っぱい恋は微笑ましい。大好きな物語だけに映画の公開前から相当期待していたが、想像以上に良い作品だった。
特に、代わりに猛毒を飲んで死んでしまったティンカー・ベルを助けようとピーターが泣きながら
「I do believe in fairies.I do I do.」
「妖精はいるって、信じる、信じる」

と何度も何度も唱えるシーン。奇跡が起こります。ホロリとする大好きなシーンです。

p001.jpg

『ピーター・パン』 Peter Pan
2003年 アメリカ
監督 P・J・ホーガン
出演 ジェレミー・サンプター ジェイソン・アイザックス レイチェル・ハード=ウッド リュディヴィーヌ・サニエ オリヴィア・ウィリアムズ リチャード・ブライアーズ
小説家を夢見る13歳の少女ウェンディーは、銀行員の父と母と、弟のジョンとマイケル、乳母である犬のナナと暮らしている。ウェンディーは2人の弟にいつも冒険話をしている。ピーター・パンは、窓越しに、ウェンディーの語る話を何度も聞きに来ていた。ある日ウェンディーは、ナナに捕らえられた影法師を取り戻しにやって来たピーターに気付く。影を縫い付けてあげたウェンディーは、ピーターに誘われ、弟達とネバーランドへ出発することに。楽しいことを考え妖精の粉を振りかけると、体がふわりと宙に浮いた。そのまま子供部屋の窓から、ネバーランドへと旅立つ子供達・・・。

pt-13.jpg

pt-2.jpg  pt-35.jpg  pt-22.jpg

pt-40.jpg

 ロストボーイズについての記事はこちら
ikiram.gif 気に入ったらこちら→ 洋画ランキング

Thema: 美少年 - Genre: 映画

【2006/11/28 22:40】 | ジェレミー・サンプター | Trackback(0) | Comment(6) | page top↑
| Home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。