スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
バーニー・クラーク 「オリバー・ツイスト」
バーニー・クラーク Barney Clark

OLIVER_TWIST_3.jpg

顔は青白く、けなげで直向な印象があるバーニー・クラーク。栗色の憂えを帯びた眼は悲愴感を漂わせるが、やはり笑ったところは、やんちゃな年頃の少年の無邪気さと愛らしさを感じさせる。

OLIVER_TWIST.jpg  OLIVER_TWIST_2.jpg  OLIVER_TWIST_5.jpg

1993年6月25日、イギリス、ロンドン生まれ。
母はオーストラリア人で父はイギリス人。幼い頃から演技に興味を持つ。2001年、『The Lawless Heart』で主人公ビル・ナイの息子役で映画デビュー。2003年、TVシリーズ『Foyle's War』に出演。同年秋にプロを目指す生徒の為のロンドンの名門劇団アナ・シェア・ヤング・プロフェッショナル教室へ参加。『オリバー・ツイスト』のオーディションで見事オリバー役に抜擢されたバーニー・クラークは撮影当時は11才。

OLIVER_TWIST_6.jpg

チャールズ・ディケンズ原作の名作『オリバー・ツイスト』は『戦場のピアニスト』で知られるロマン・ポランスキー監督により映像化される。1948年のデイヴィッド・リーン監督の映画化、そして1968年のキャロル・リード監督の、マーク・レスター演じるオスカー受賞映画化や舞台やテレビなどで、何度も映像化されている。ポランスキーの映画化は、美しい映像と最も原作に近づけた正統派な映像といえる。貧しく天涯孤独なオリバー。酷い仕打ちにひたすら耐え、いつかは幸せが訪れると、けっして希望を捨てない。たとえ悪党でも決して恩を忘れない心優しきオリバー。

OLIVER_TWIST_9.jpg

『オリバー・ツイスト』 Oliver Twist
監督 ロマン・ポランスキー 出演 バーニー・クラーク, ハリー・イーデン、ベン・キングズレー・・・
19世紀のイギリス。救貧院に連れて来られたオリバー・ツイストは、粗末な食事に腹をすかせた孤児達のはめられてお粥のおかわりを要求し追放されてしまう。その後葬儀屋に奉公するが不当な仕打ちに耐え切れず逃げ出してしまう。行く当てもないオリバーは遠くロンドンまで野宿をしながら道を歩き続ける。お腹を空かせ、靴は破け、7日間歩き通して、ロンドンに辿り着いたオリバーは、ハリー・イーデン演じるアートフル・ドジャー少年に拾われ、フェイギンに引き合わされる。フェイギンは少年スリ団を束ね食事と寝床与えていた。ある日、スリの現行犯でオリバーは捕まってしまう。すられたブラウンロー氏は親切な人柄で無実と証明されたオリバーを自宅に連れ帰る。フィンギンと悪党仲間のビルはオリバーの密告を恐れ、オリバーを探し始める。

oliver3.jpg

oliver.jpg  oliver2.jpg  OLIVER_TWIST_7.jpg

OLIVER_TWIST_8.jpg  OLIVER_TWIST_10.jpg  OLIVER_TWIST_11.jpg

ikiram.gif 気に入ったらこちら→ 洋画ランキング
スポンサーサイト

Thema: 美少年 - Genre: 映画

【2006/11/24 01:08】 | バーニー・クラーク | Trackback(0) | Comment(5) | page top↑
| Home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。