スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
アレックス・ペティファー 「Tom Brown's Schooldays」
アレックス・ペティファー Alex Pettyfer

TBSD-30.jpg

トマス・ヒューズの自伝的小説「トム・ブラウンの学校生活」は、2005年1月イギリスでテレビ映画作品『Tom Brown's Schooldays』として放映された。主人公の正義感の強い腕白少年トム・ブラウン役にアレックス・ペティファー。個人的にはパブリック・スクールの内状を描いた興味深い作品である。

TBSD-02.jpg

TBSD-29.jpg

[ Story ]
田舎の上流家庭で育った少年トム・ブラウンは、名門ラグビー校の校長寮に編入することとなった。急行駅馬車に乗って、辿り着いたその日、トムは同じ級の世話好きのイーストに連れられ、校伝統のフットボール(ラクビー)の試合の見学をする。エースの6級生ブッルクの活躍の中、新入生トムはゴールを決め、注目を浴びた。ブルックに一目置かれるが、5級生の下級生苛めのフラッシュマンはトムに目に付け、何かと嫌がらせを始めた。ビグ・サイド撒紙競争の日、大分遅れてしまったトムとイーストと同級のオタマジャクシは偶然馬屋で、フラッシュマンと寮主事の娘サリーの逢引を覗き見していた。足を滑らせ2人の間に割って入ったオタマジャクシはフラッシュマンに追いかけられ河に落ちてしまった。トムが飛び込んで溺れたオタマジャクシを何とか助け、遅い帰寮だったが、校長は叱りはしなかった。フラッシュマンの苛めに屈することのないトムは、下級生の中で英雄扱いされるようになった。傲慢になりつつあるトムはある日、校長から転入生のジョージ・アーサーの面倒見を頼まれた。タフな少年等の多いこの学校では苛めの対象となり得る大人しい少年である。だが信心深く心優しいアーサーの存在は悪童トムの心に変化を与えた。ある日、フラッシュマンの苛めの標的となったアーサーを助けようと、トムは彼とのボクシング対決をするが・・・。

TBSD-12.jpg

TBSD-43.jpg

[ 原作と映画の寮生活 ]
「当時のイギリスの上流階級または中層階級の子息は、7,8歳頃から寄宿制の私立学校に送られ、11,2歳になるとパブリック・スクールに入学し18,9歳まで教育を受けた後、オックスフォードまたはケンブリッジ大学へ進学するのが主だった。教育は、ギリシャ、ラテン文学の取得を主とする人文主義的教育と、一般社会から絶縁した共同生活、訓練的スポーツによって、社会に貢献する“英国紳士”を育成するというもの。」

著者トマス・ヒューズの実体験を元に、19世紀のイギリスを舞台に、パブリック・スクールの改革で著名な校長トマス・アーノルドの名門ラグビー校の校長寮に編入する11,2歳の主人公トム・ブラウンの19歳卒業までの学校生活を描いた作品「トム・ブラウンの学校生活」は、『ハリー・ポッター』の原型ともいえる作品である。ラグビー発祥の地といわれるこの学校で行われる寮対抗フットボールは、クィディッチに通じるものがあるし、町での買い物では、縁無帽子は俗人(町の人々町から通う生徒)の被るものだとシルクハットを新調したり、編入したての小遣いに余裕があるトムは、焼きジャガイモやソーセージを買ってきてお茶の時間に添えるなどは、ダイアゴン横丁の新学期前の買い物やホグズミートを連想させる。立派で素敵な勉強室、大広間での寮生の晩餐などもそうである。

だが寮生活は、最上級生の6級生から選ばれた監督生をトップに、上級生が下級生を絶対服従させるというお決まりの階級社会である。上級生には“ファグ”(fag)(パブリック・スクール特有語)といわれる下級生がつき、上級生の勉強室の掃除、お湯汲み、その他の用事を言いつけられる。上級生が良い人ならまだいいが、この作品に登場する下級生いじめのフラッシュマンのような人だと最悪である。また、上級生がベットに入る前の“抛り上げ行事”(毛布の中に放り込まれ飛び上げ下げされるというもの)もある。天井や地面に叩き付けられたりする危険性があり、下級生は逃げ隠れする程嫌なもので、上級生が面白がってやる行事である。劇中でも、トムが被害にあっている。また、競馬の空クジを下級生に買わせ、自分等が大儲けするという卑怯なフラッシュマンに絶対服従しないトムが、暖炉の火炙りの拷問をされるなどの場面もある。上級生からの苛めや、活発な少年トムは悪戯から校長に鞭打ちの罰を受けたりと、ハードで傷だらけのトムの生活を強調した作品と思った。

フラッシュマンの退学後、聖人のようなアーサーの登場と、アーノルド校長の計らいから、悪童トムとイーストが悔い改め大人へと成長するという、キリスト教精神の強い訓戒的原作であるが、映画では、横暴な5級生の苛めっ子フラッシュマンとのエピソードに的を絞り、トム・ブラウンの闘争学校生活という印象を持った。アーサーの設定に多少脚色はあるが、校長の威厳と、成長するトムの姿が見られる。そして、はまり役とも思えるトム・ブラウン役の美少年アレックス・ペティファーの演技は非常に魅力的である。お奨めです!

TBSD-32.jpg

TBSD-39.jpg

TBSD-37.jpg

『Tom Brown's Schooldays』
2005年 イギリス
監督 デイヴ・ムーア (Dave Moore)
原作 トマス・ヒューズ (Thomas Hughes)
脚本 アシュレイ・ファーロ (Ashley Pharoah)
音楽 ジョン・E・キーン (John E. Keane)
[ 出演 ]
アレックス・ペティファー (Alex Pettyfer) ・・・トム・ブラウン (Tom Brown)
スティーブン・フライ (Stephen Fry) ・・・校長トマス・アーノルド (Dr. Thomas Arnold)
ジョゼフ・ビーティ (Joseph Beattie) ・・・フラッシュマン (Flashman)
ハリー・ミシェル (Harry Michell) ・・・イースト (East)
デーン・カーター (Dane Carter) ・・・オタマジャクシ (Tadpole)
ハリー・スミス (Harry Smith) ・・・ジョージ・アーサー (George Arthur)
ジェマ・レッドグレーヴ (Jemma Redgrave) ・・・アーノルド夫人 (Mary Arnold)
クライヴ・スタンデン (Clive Standen) ・・・ブルック (Brooke)
ジョージア・モフェット (Georgia Moffett) ・・・サリー (Sally)
ハリー・ウィリアムズ (Harry Williams) ・・・Frobisher
マックス・ベニッツ (Max Benitz) ・・・Huband
ジョン・カーライル (John Carlisle) ・・・Mr. Lampard
ベン・ティレット (Ben Tillett) ・・・Speedicot
トム・アレン (Tom Allen) ・・・Fothergill
ジェラード・ホーラン (Gerard Horan) ・・・Bill

Links
IMDb:Tom Brown's Schooldays (2005)
IMDb:Tom Brown's Schooldays (1916)
IMDb:Tom Brown's School Days (1940)
IMDb:Tom Brown's Schooldays (1951)
IMDb:Tom Brown's Schooldays (1971)
Rugby School
DVD
amazon.co.uk:Tom Brown's Schooldays (2005)
amazon.com:Tom Brown's Schooldays (2005)
アレックス・ベティファーのプロフィール記事はこちら
アレックス・ベティファーの『STORMBREAKER / ストームブレイカー』の記事はこちら

TBSD-04.jpg  TBSD-05.jpg  TBSD-07.jpg

TBSD-08.jpg  TBSD-13.jpg  TBSD-14.jpg

TBSD-16.jpg  TBSD-17.jpg  TBSD-18.jpg

TBSD-19.jpg  TBSD-20.jpg  TBSD-21.jpg

TBSD-22.jpg  TBSD-24.jpg  TBSD-25.jpg

TBSD-26.jpg  TBSD-27.jpg  TBSD-28.jpg

TBSD-34.jpg  TBSD-35.jpg  TBSD-40.jpg

TBSD-36.jpg  TBSD-44.jpg  TBSD-45.jpg

TBSD-48.jpg  TBSD-51.jpg  TBSD-52.jpg

TBSD-46.jpg

ikiram.gif気に入ったらこちら→ 洋画ランキング
スポンサーサイト

Thema: 美少年 - Genre: 映画

【2007/03/21 23:24】 | アレックス・ペティファー | Trackback(0) | Comment(9) | page top↑
アレックス・ペティファー 「STORMBREAKER」
アレックス・ペティファー  Alex Pettyfer

STORMBREAKER-15.jpg

世界中で大ヒットしたアンソニー・ホロヴィッツの少年スパイ小説アレックス・ライダー・シリーズの第一弾「女王陛下の少年スパイ!アレックス -ストームブレイカー」が映画化された。公開はイギリスで2006年7月、日本公開は2007年秋に予定されている。主人公の14歳の少年“ブロンドの髪で鳶色の瞳のたくましいハンサム・ボーイ”のアレックス・ライダー役には、まさに適役といえる名前も同じアレックス・ペティファー 。撮影当時14,5歳と思うが、とても見えない大人っぽくてカッコいいアレックスの魅力満載の作品である。

STORMBREAKER-19.jpg

STORMBREAKER-7.jpg

[Story]
14歳の少年アレックス・ライダーは、たった一人の肉親の叔父のイアンを事故で亡くした。ところが銀行員と思っていた叔父イアンの乗っていた車には銃弾の跡があったのだ。その後アレックスは、イアンの上司のブラントと会う。イアンはMI6(英国諜報員)特殊工作員で、任務中に命を落としたのだ。そして、MI6特別作戦局長ブラントから、半ば強制的に、イアンの任務の引継ぎを依頼される。最近革命的なコンピューター“ストームブレイカー”を開発し、全英の中学校に寄付するという“セイル・エンタープライズ”の調査である。2週間のMI6工作員のSAS式サバイバル訓練を受けたアレックスは、大規模な警備で固められた怪しげな工場に、大富豪オーナー社長セイルに招待されたティーン代表として乗り込んで行く・・・。

STORMBREAKER-5.jpg

STORMBREAKER-12.jpg

作品は結構面白いと思う。映画館で観たい作品だ。そして、アレックスが使用する特殊武器に“ニンテンドーDS”が登場する。ゲームソフトを差し込むことによって、盗聴、探知、発煙などのハイテク機能がある。他に、金属を溶かすニキビクリーム、モーター式ヨーヨーなど。子供が喜んで食い付きそうな武器が、どこで役立つか見るのも楽しいと思う。そして、アレックスが可愛いカタコトの日本語でジャックと挨拶を交わしたり(彼は4ヶ国語話せるという設定からか)ジャックが作った夕食がお寿司なのは、ちょっと嬉しかったりもする。

役柄は非常に濃い面々が揃う。醜悪な悪党セイルにミッキー・ロークだと後で知って驚いた。セイルの部下の女性ナディアも強烈なキャラだが、演じたソフィー・オコネドの普段の写真を見ると意外にも美人である。「ガガガガガ!」としか喋れないミスター・グリン役にはロード・オブ・ザ・リングのゴラム役の個性派俳優アンディー・サーキス。登場シーンは少ないが、印象を強く残すロシア人殺し屋ヤッセン役にはダミアン・ルイス。ジャック役には小悪魔女優と知られたアリシア・シルヴァーストーン。そして、登場シーンは少なかったが叔父のイアンに、こちらも名前が似ている素敵なユアン・マクレガー・・・など。

STORMBREAKER-9.jpg

STORMBREAKER-16.jpg

『STORMBREAKER / 原題:ストームブレイカー』
2006年 ドイツ=アメリカ=イギリス
日本公開 今秋東劇他全国ロードショー予定
劇場配給 キュービカル・エンタテインメント
[監督]
ジェフリー・サックス Geoffrey Sax
[原作・脚本]
アンソニー・ホロヴィッツ Anthony Horowitz
[出演]
アレックス・ペティファー (Alex Pettyfer) ・・・アレックス・ライダー(Alex Rider)
 ・・・・14歳の少年。MI6の特殊工作員。
ユアン・マクレガー(Ewan McGregor) ・・・イアン・ライダー(Ian Rider)
 ・・・・アレックスの叔父でたった一人の肉親。SAS辣腕特殊工作員。
ミッキー・ローク(Mickey Rourke) ・・・ダリアス・セイル(Darrius Sayle)(へロッド・セイル)
 ・・・・レバノン出身の「セイル・エンタープライズ」のオーナー社長。
アリシア・シルヴァーストーン(Alicia Silverstone) ・・・ジャック・スターブライト(Jack Starbright)
 ・・・・ライダー家のハウスキーパー。アレックスの姉のような存在。
サラ・ボルジャー(Sarah Bolger) ・・・サビーナ・プレジャー(Sabina Pleasure)
 ・・・・アレックスの恋人。
ダミアン・ルイス(Damian Lewis) ・・・ヤッセン・グレゴヴィッチ(Yassen Gregorovich)
 ・・・・ロシア人殺し屋。
ビル・ナイ(Bill Nighy) ・・・アラン・ブラント(Alan Blunt)
 ・・・・イギリス諜報機関MI6の特別作戦局長。
ソフィー・オコネド(Sophie Okonedo) ・・・ジョウンズ夫人(Mrs. Jones)
 ・・・・ブラントの部下。
スティーブン・フライ(Stephen Fry) ・・・スミザース(Smithers)
 ・・・・MI6の特殊武器開発担当者。映画ではおもちゃ屋にいる。
ミッシー・パイル(Missi Pyle) ・・・ナディア・ヴォール(Nadia Vole)
 ・・・・セイルの部下のドイツ人女性。
アンディー・サーキス(Andy Serkis) ・・・ミスター・グリン(Mr. Grin)
 ・・・・セイルの執事。口の両端をナイフで切り裂かれている。
アシュレイ・ウォルタース (Ashley Walters) ・・・ウルフ(Wolf)
 ・・・・アレックスと訓練を受けるSASの隊員。他、フォックス、イーグル、スネイク。
ロビー・コルトレーン(Robbie Coltrane) ・・・首相(Prime Minister)
[Title]
『Alex Rider & Stormbreaker』 ・・・フィンランド
『Alex Rider - Mystiki apostoli』 ・・・ギリシャ
『Alex Rider - Operação Stormbreaker』 ・・・ポルトガル
『Alex Rider Contra o Tempo』 ・・・ブラジル
『Alex Rider: Operation Stormbreaker』 ・・・アメリカ
『Alex Rider: Stormbreaker』 ・・・フランス
『Stormbreaker』 ・・・ベネズエラ
Links
17.gif Movie Site
STORMBREAKER 公式サイト
IMDb:Stormbreaker
Cubical Entertainment:STORMBREAKER ・・・日本劇場配給
17.gif Books Site
集英社ファンタジーぷれすウェブ
※↑アレックス・シリーズ本のコンテンツに、ムービー、スクリーンセーバーのダウンロード、クイズなどあって充実。日本版の表紙・挿絵の荒木飛呂彦のイラストがカッコいい。
ストームブレイカー―女王陛下の少年スパイ!アレックス ・・・Amazon
※↑映画を観る前に原作も。サクサク読めて面白い!
1作目「ストームブレイカー」 2作目「ポイントブランク」 3作目「スケルトンキー」 第4作目「イーグルストライク」 5作目「スコルピア」(現在和書発売5作目までだが、イギリスでは7作目も発売されるという)
17.gif DVD
Amazon.co.uk:Stormbreaker
17.gif アレックス・ペティファーのプロフィール記事はこちら

STORMBREAKER-1.jpg  STORMBREAKER-2.jpg  STORMBREAKER-4.jpg

STORMBREAKER-6.jpg  STORMBREAKER-8.jpg  STORMBREAKER-10.jpg

STORMBREAKER-13.jpg  STORMBREAKER-14.jpg  STORMBREAKER-17.jpg

STORMBREAKER-18.jpg  STORMBREAKER-20.jpg  STORMBREAKER-21.jpg

ikiram.gif気に入ったらこちら→ 洋画ランキング

Thema: 美少年 - Genre: 映画

【2007/03/20 00:28】 | アレックス・ペティファー | Trackback(1) | Comment(7) | page top↑
アレックス・ペティファー
アレックス・ペティファー Alex Pettyfer

20070317182814.jpg

14歳のジェームズ・ボンドと本国イギリスで大ヒットした作品『Stormbreaker/原題:ストームブレイカー』に主演の少年スパイ、アレックス・ライダー役で一躍話題となった美少年アレックス・ペティファー。出演作品はまだ『Tom Brown's Schooldays』と『Stormbreaker』の2作品だが、なかなかハードなシーンが多いこの2作品の主演をこなした彼は、今後が期待されている若手俳優である。とてもカッコ良い彼は、大人っぽいがまだ16歳。

Alex-Stb-01.jpg

Alex-Stb-03.jpg

Profile
・フルネーム : アレックス・リチャード・ペティファー Alex Richard Pettyfer
・生年月日 : 1990年4月10日(現在16歳)
・星座 : 牡羊座
・出身地 : イギリス ハートフォードシャー州 スティーブニジ
・現住居 : ウィンザーの中心地
・身長 : 178cm(5ft10)~
・髪の色 : ナチュラル・ブラウン、ブロンド
・瞳の色 : 栗色
・父親 : リチャード・ぺティファー Richard Pettyfer(俳優)
・母親 : リー・アイルランド Lea Robinson(元モデルで現テレビキャスター)
・兄弟 : 兄ジェームズ・アイルランド James Ireland(母の再婚による異父母兄弟、テニス・プレイヤー)
・学校 : シップレイクカレッジ(Shiplake College)に在籍(男子寄宿制の名門校、オックスフォードシャー州ヘンリ-オンテムズ)
・趣味 : スキー、アイスホッケー
・本 : 「ダ・ヴィンチ・コード」、アンソニー・ホロヴィッツの「ストームブレイカー」(特に読書家という訳ではないらしいが)
映画 : チャーリー・チャップリン、デンゼル・ワシントン『インサイド・マン』
・音楽 : インディーズロックバンド・・・“kings of Leon”“The kooks”など。
・キャリア : 7歳の時、ラルフローレン、GAPなどの子供モデル
・今後の出演作 : 『エラゴン』の出演を断ったという彼の今後の出演作情報はまだ無い。
・魅力 : 彼は顔にソバカスやホクロがある方だが修正で消されてしまう事もあるらしい。左上の口元のホクロがキュートだと思う!

Alex-Stb-02.jpg

Alex-Stb-04.jpg

Alex-TBSD02.jpg

20070317182902.jpg

Links
Alex Pettyfer 公式サイト ・・・現在休止中だが『Stormbreaker』のリンクあり
Alex Pettyfer Fansite com ・・・ファンサイト(現在休止)
Alex Pettyfer co uk ・・・ファンサイト
Alex Pettyfer org ・・・ファンサイト

【出演作】
2005年 『Tom Brown's Schooldays』 [TV Movie] ・・・日本未公開作
2006年 『Stormbreaker』 ・・・今秋東劇他全国ロードショー予定『原題:ストームブレイカー』
『Tom Brown's Schooldays』と『Stormbreaker』については、しばらくお待ち下さい。

『Stormbreaker』のメイキングから
Alex-Stb-05.jpg  Alex-Stb-06.jpg  Alex-Stb-07.jpg

最近の写真など
AlexP03.jpg   AlexP01.jpg   AlexP02.jpg

YouTubeより『Stormbreaker』の予告編と、『Tom Brown's Schooldays』
★ ALEX RIDER; STORMBREAKER (trailer) ★

★ Tom Brown Scene 1 ★

★ an alex pettyfer music vid ★

ikiram.gif気に入ったらこちら→ 洋画ランキング

Thema: 美少年 - Genre: 映画

【2007/03/17 18:57】 | アレックス・ペティファー | Trackback(0) | Comment(3) | page top↑
| Home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。