スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
マルコム・スタンプ 「wild tigers i have known」
マルコム・スタンプ Malcolm Stumpf

wildtigers-1.jpg

wildtigers-2.jpg

同性愛者の13歳の少年を題材にした非常にデリケートな作品 『wild tigers i have known』
[ STORY ]
13歳の少年ローガン (Logan) は、気の短い母親と二人小さな家に住む。内向的で物静かな彼は、男らしく出来ない為にしばし苛めの対象にされる孤独な少年である。唯一の友達ジョーイ (Joey) (彼もまた学校で人気のない子)は女の子にモテる為にクールな人になるリストを作っていて、そんなジョーイの熱意は共感出来ない。上の空のローガンは、年上のロデオ(ローガンとは正反対な性格で、体格も良く不良っぽいハンサムな男の子)に夢中になります。そして悶々とした思春期の性的欲求は彼に向けられます。学校のカウンセラーの女性は彼を心配しますが、ローガンは感情を表すのがあまり得意ではありません。カウンセリングの後、ローガンはロデオに初めて話しかけます。町に侵入している近くの森に住むクーガーに敏感に関心持つローガンは、森で2、3回クーガーを見たというロデオと放課後、一緒に過ごすようになります。ロデオが彼に電話番号を教えた後、ローガンは彼に電話をかけ、黒いマスクで架空の女の子レア (Leah) を装い、きわどい会話で彼を誘います。だが、次の電話で彼に拒否される。ローガンは幻想から現実に向き合います。彼が必死で望むもの、レアを装ったローガンは森の洞窟で彼と会い、肉体関係を持つ約束をします。森でロデオが会ったのはレアという女の子ではなくローガンだった。本当に驚くロデオにレアは自分だと言うローガンは、本当に知らなかったのかと彼に尋ねます。困惑したロデオはローガンから去って行きます。ローガンは髪の長いカツラを被り化粧をし友達のジョーイに会います。兼ねてからローガンが同性愛者だと思っていたジョーイに彼は認めます。不器用なローガンが気に障る母親だったが、そんなローガンを見て初めて彼の心に触れます。「ライオンが、キャンパスにいます」「安全な場所を見つけてください」という警報が鳴ります。ローガンは手を差し出すが、銃声が鳴り響いた。学校で生徒は無関心の中での優しさキャンペーンの集会だったが、ローガンは学校を離れた・・・。

Wild_Tigers-8.jpg

Wild_Tigers-9.jpg

思春期の少年の愛情の対象は異性ではなく、年上のクールな男の子に向けられます。それはハンサムな男の子に熱を上げる女子的意識である。この少年、ローガンは非常にナイーブで穏やかに静かに喋り、周囲に反発をする事はしません。また、さえない友達ジョーイとは少し距離を置きます。単独で行動し、森を探検し、寝室で自慰行為をする。彼が意中の男の子ロデオと、いいかげんな友人関係が始まった時、単純に彼は喜んでいます。ロデオが髪型を変えても誉めますし、彼の家では緊張し喋る事が出来ず、彼は恋をする女の子のように見えます。無害で内向的な少年は、抑え切れない感情を不器用に表します。口紅を塗る事もそうだし、女の子レアの仮面を被ってロデオに対して大胆にアプローチをします。それは滑稽にも見えるし切なくもある。だが、想像の世界から現実に向き合う決意をします。彼は傷つきますが、ラストは一皮剥けたというか解放感ある彼の笑顔が見られる。

Wild_Tigers-43.jpg

Wild_Tigers-70.jpg

新鋭監督キャム・アーチャー (Cam Archer) は23歳という若さで本作品で映画デビューした。前作ではアメリカの名声・・・若くして亡くなったティーンスターについてのドキュメンタリー・ショートフイルム、『American Fame Pt. 1: Drowning River Phoenix』(リヴァー・フェニックス)、『American Fame Pt. 2: Forgetting Jonathan Brandis』(ジョナサン・ブランディス)(どちらも日本未公開作)などがある。この作品は、若き監督キャム・アーチャーの叙情詩的ともいわれる内容で、大胆なパフォーマンスとカメラワーク、映像はアーティスティックで幻想的なイメージとサイケデリックな映像が交差し、常に、タイトルであり一匹狼のローガンを象徴すると思われる野生のトラがちらつきます。美しくもあり異様でもある映像と音楽。十代の若者の為の芸術作品、そして暴力的要素・・・銃、薬、明確な性描写・・・を含まない想像性溢れる独特な世界観が若者から支持されているという。好きかは分かれると思うが、私は好みであり、低予算ながらも洗練された良い作品と思った。そして、ローガンを演じたマルコム・スタンプのナチュラルで独特なセンスを感じる演技にとても好感持った。凄く綺麗な子と思う。

wildtigers-4.jpg

wildtigers-3.jpg   wildtigers-6.jpg   wildtigers-7.jpg

『wild tigers i have known』
2006年 アメリカ / 日本未公開作
監督・脚本 キャム・アーチャー (Cam Archer)
出演
マルコム・スタンプ Malcolm Stumpf ... ローガン (Logan)
パトリック・ホワイト Patrick White ... ロデオ (Rodeo)
マックス・パラダイス Max Paradise ... ジョーイ (Joey)
フェアルザ・バルク Fairuza Balk ... ローガンの母親 (Logan's Mom)
キム・ディケンズ Kim Dickens ... カウンセラー (The Counselor)
94.gif Official Site: wild tigers i have known

Wild_Tigers-1.jpg   Wild_Tigers-2.jpg   Wild_Tigers-4.jpg

Wild_Tigers-12.jpg   Wild_Tigers-20.jpg   Wild_Tigers-21.jpg

Wild_Tigers-25.jpg   Wild_Tigers-28.jpg   Wild_Tigers-32.jpg

Wild_Tigers-35.jpg   Wild_Tigers-36.jpg   Wild_Tigers-38.jpg

Wild_Tigers-44.jpg   Wild_Tigers-46.jpg   Wild_Tigers-49.jpg

Wild_Tigers-58.jpg   Wild_Tigers-61.jpg   Wild_Tigers-74.jpg

マルコム・スタンプ Malcolm Stumpf
アメリカ カリフォルニア / 1991年4月26日 (現在16歳)
[ 出演作品 ]
2000年 『2番目に幸せなこと』 (The Next Best Thing)
2006年 『Wild Tigers I Have Known』
彼は本作で映画2作目の出演となるが、前作は『2番目に幸せなこと』でマドンナの息子を演じている。可愛らしく役柄の雰囲気は大分違う感じである。

NextBestThing010.jpg   NextBestThing028.jpg   NextBestThing046.jpg


ikiram.gif 気に入ったらこちら→ 洋画ランキング
スポンサーサイト

Thema: 美少年 - Genre: 映画

【2007/07/19 06:51】 | マルコム・スタンプ | Trackback(0) | Comment(5) | page top↑
| Home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。