スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
マルコ・コヴァチェヴィッチ 「ミラージュ」
マルコ・コヴァチェヴィッチ Marko Kovacevic 

MIRAGE-41.jpg

マケドニアの新人監督ズベトザル・リストフスキによる衝撃作品『ミラージュ』
この映画は、リストフスキ監督の出身地のマケドニアの鉄道町を舞台に、貧困、腐敗した社会環境を背景に、苛め、精神的虐待、偽善、暴力の格好の標的となり、夢も希望も打ち砕かれてしまった12歳の少年マルコの物語である。主人公のマルコ役には、難題な本作が初出演であるマルコ・コヴァチェヴィッチ。あまりにも痛々しい作品だけに、明るいタイプの少年を探したという監督。映像の大半がマルコに焦点合わせた作品であるが、彼の繊細で表現力豊かな演技力は、圧倒的に優れていたと思う。そしてマルコ・コヴァチェヴィッチは、瞳の美しいとても綺麗な少年と思う。

MIRAGE-10.jpg

MIRAGE-17.jpg

崩壊した家庭での精神的苦痛や学校での容赦無い酷い暴力に脅え、マルコがひたすら耐えるのは、残酷な生活からの出口・・・詩のコンテストで優勝しパリへ行くという希望の為。警官の息子のレビが仕切る少年ギャングによる暴力が蔓延る学校では、大人しいマルコは彼等の苛めの標的になっている。家庭では、反米主義の父親は気は良いが、労働問題から定職に就かず、ギャンブルとアルコール漬けであり、受動的な母親は人生を諦めたかのように無表情である。部屋を共有する暴力的で圧力的な姉ファニーはいつも怒鳴り散らし、マルコには自宅ですら、落ち着ける場所では無かった。ある日、マルコは、唯一の避難場所の廃鉄道列車の中で、見知らぬ兵士パリスと出会う。孤独な生活を送っていたマルコは彼と友人になり、腐った現実生活で生き抜く術を教わる。そして、マルコは万引き、飲酒、喫煙を覚えようになる。だが、苛めによる暴力は幾度も彼を打ちのめす。そして、マルコを励まし希望を与えておきながら、彼を援助する程の器量が無かった臆病な先生に見捨てられたマルコは酷く傷つくのだ。
「食うか食われるか」 "either eat or be eaten"
貧しく弱いものが生きる為に、パリスが伝授する自立は、希望など捨て、恐れを克服し、強くなり、彼等が怖がるような人となることである。内気で純粋な少年は繊細な感性を追いやり、自ら悪となる事でしか自分を守ることが出来ないのだ。タイトルの『Mirage』・・・“蜃気楼”の意味する、彼の僅かな薄っすらとした希望は儚くも消え去り、曖昧な期待など、それすら最初から無かったのではと絶望的になる。パリスは突然消え去り、もはや誰も頼ることが出来なくなった、マルコに残された道とは・・・。

マケドニアの崩壊した社会を強調した、ドキュメンタリー作家でもある若い監督リストフスキのメッセージ性の強い作品と思う。主人公の少年マルコをとことん絶望の淵に追い詰めていくのには、少々やり過ぎ感もある、救われない作品という印象を持った。
『ミラージュ』は2004年、第17回東京国際映画祭コンペティション出品作品で、監督のズベトザル・リストフスキと、当時14歳のマルコ・コヴァチェヴィッチが来日したようである。

MIRAGE-70.jpg

MIRAGE-50.jpg

MIRAGE-67.jpg

MIRAGE-128.jpg

『ミラージュ』
原題:『Iluzija』
International title:『Mirage』
2004年 マケドニア共和国
監督・脚本 ズベトザル・リストフスキ
[ 出演 ]
マルコ・コヴァチェヴィッチMarko Kovacevic ・・・マルコ Marko
ムスタファ・ナダレヴィッチMustafa Nadarevic ・・・先生
ニコラ・ヂュリチコNikola Djuricko ・・・パリス Paris
ヴラド・ヨフノフスキVlado Jovanovski ・・・マルコの父ラゾ Lazo
Elena Mosevska ・・・マルコの母 Angja
Slavica Manaskova ・・・マルコの姉ファニー Fanny
Martin Jovchevski ・・・レビ Levi

Festivals & Awards
2006 BUFF Filmfestival Malmö
2006 Montpelier-Haus Heidelberg
2005 Istanbul International Meeting of Cinema and History Film
2005 Tallinn Black Nights Film Festival
2005 Days of Macedonian Film KulturKontakt Austria (Competition)
2005 Balkanblackbox Festival Berlin
2005 Liffe Ljublijana Film Festival (Competition)
2005 Film Festival Cott (Competition)
2005 Cinema Festival Mediterraneen - Montpellier (Competition)
2005 Münster Film Festival
2005 Haifa International Film Festival (Competition)
2005 Balkanarts in London
2005 Filmfest Hamburg
2005 Buster Copenhagen International Children's Film Festival (Competition)
2005 La Bieneale di Venezia
2005 Sarajevo Film Festival
2005 Festival International du Film de La Rochelle
2005 ZLIN 2005-45th International Film Festival for Children and Youth
 ・・・・・★THE EUROPA AWARD - for Best European Debut
2005 Singapore International Film Festival
2005 Neue Berlin Babylon Cinema Festival
2005 go East Filmfestival Wiesbaden
2005 Stockholm International Film Festival Junior
2005 Prague Film Festival Fabiofest
2005 South By Southwest / Austin
2005 Sofia Film Festival
2005 Belgrade International Film Festival
2005 Berlinale European Film Festival
2005 Rotterdam Film Festival
 ・・・・・★Lions Award
2004 Toronto International Film Festival
 ・・・・・★Official Selection
2004 Vancouver International Film Festival
2004 Montreal Int. Fest. Of New Cinema
2004 Tokyo International Film Festival
2004 Thessaloniki International Film Festival

Links
Picture This! Entertainment ・・・予告編動画
EastWest Film Distribution:Mirage TRAILER ・・・予告編動画
IMDb:Iluzija
CINEMA topics online ・・・2004/10/28東京国際映画祭『ミラージュ』記者会見

DVD
米国盤DVDオンラインショップ DVD Fantasium
amazon.com:Mirage (2004)

MIRAGE-39.jpg

MIRAGE-26.jpg  MIRAGE-38.jpg  MIRAGE-42.jpg

MIRAGE-45.jpg  MIRAGE-64.jpg  MIRAGE-74.jpg

MIRAGE-77.jpg  MIRAGE-78.jpg  MIRAGE-84.jpg

MIRAGE-93.jpg  MIRAGE-94.jpg  MIRAGE-101.jpg

MIRAGE-108.jpg  MIRAGE-115.jpg  MIRAGE-123.jpg

MIRAGE-130.jpg

ikiram.gif気に入ったらこちら→ 洋画ランキング
スポンサーサイト

Thema: 美少年 - Genre: 映画

【2007/03/31 05:08】 | マルコ・コヴァチェヴィッチ | Trackback(0) | Comment(3) | page top↑
Nick Romeo Reimann
ニック・ロメオ・ライマン Nick Romeo Reimann

NickRomeo012.jpg

『Die Wilden Kerle』シリーズにネルフ(Nerv)役で3作目から登場し、そして新作の4作目に出演のニック・ロメオ・ライマン。"DWK"ではマスコット的なカワイサふりまく、元気一杯なニックは現在9歳。可愛いだけでなくて、驚いたのが『Die Wilden Kerle 3』での彼のジャンピングシュート!素晴らしいフォームである。どうやら「Wilden Kerle」の救世主的存在と思う。"4"では更なる活躍が見られるようです。

NickRomeo001.jpg

kira-p.gif Profile
・フルネーム : Nick Romeo Reimann
・生年月日 : 1998年1月14日 (現在9歳)
・出身地 : ドイツ ミュンヘン
・髪の色 : デュンケルブロンド
・瞳の色 : カモフラージュ
・身長 : 140cm~
・学校 : 小学4年生
・趣味 : 映画撮影、サッカー、スキー、スケート、ロック、Eギター、ドラム
・好きな色 : ブルー、蛍光グリーン
・好きな食事 : おばあさんが作る“赤キャベツのサラダドレッシング”
・好きな映画 : 『マニトの靴』 『スクール・オブ・ロック』 ジム・キャリー作品
・憧れの俳優 : ジョニー・デップ
・好きな音楽 : インディーズ、パンク、ハードロック、メタル
・好きなバンド : エーシーディーシー(AC/DC)、ビリー・タレント(Billy Talent)
・将来の夢 : 俳優、ミュージシャン
・大切なもの : 家族、友達、ギター
・好きなこと : 冒険、冗談、気分転換
・苦手なこと : 自慢、不正、喋らないで静かに座っていること
・モットー : ユーモアを続けること

NickRomeo011.jpg

NickRomeo003.jpg

【出演作品】
2006年 『SOKO 5113』 [TV-Series](1 episode)
2006年 『Die Wilden Kerle 3』
2007年 『Die Wilden Kerle 4』
【コマーシャル】
2005年 Thomapyrin "Lehrerin"
2005年 Bresso Leichtgenuss "Die Schaukel"

kira-p.gif Links
NICK ROMEO REIMANN ・・・公式サイト
Nick-Romeo.de.vu ・・・ファンサイト
IMDb:Nick Romeo Reimann
Limited-Stuff.com ・・・ここのブランドモデル(DWK-Tシャツなど)

Commercial・・・Thomapyrin "Lehrerin"
NickCM01.jpg

Commercial・・・Bresso Leichtgenuss "Die Schaukel"
NickCM02.jpg

『Die Wilden Kerle 3』
DWK3-Nick01.jpg  DWK3-Nick02.jpg  DWK3-Nick03.jpg

『Die Wilden Kerle 4』
DWK4-Nick04.jpg

DWK4-Nick01.jpg  DWK4-Nick02.jpg  DWK4-Nick03.jpg

『Die Wilden Kerle 3』メイキング
DWK3-Nick-M04.jpg

DWK3-Nick-M01.jpg  DWK3-Nick-M02.jpg  DWK3-Nick-M03.jpg

『Die Wilden Kerle 4』プレミア
DWK4-Nick-M01.jpg  DWK4-Nick-M02.jpg  DWK4-Nick-M03.jpg

KIKA TV
NickRomeo004.jpg  NickRomeo005.jpg  NickRomeo006.jpg

NickRomeo007.jpg  NickRomeo008.jpg  NickRomeo009.jpg


YouTube ・・・TVInterview
Nick Romeo Reimann bei Kerner - Clip 1
Nick Romeo Reimann bei Kerner - Clip 2
Nick Romeo Reimann bei Kerner - Clip 3
Nick Romeo Reimann bei Kerner - Clip 4

★ Nick Romeo Reimann ★

『Die Wilden Kerle』のジミ・ブルー・オクセンクネヒトについてはこちら
ikiram.gif気に入ったらこちら→ 洋画ランキング

Thema: 美少年 - Genre: 映画

【2007/03/28 04:11】 | ニック・ロメオ・ライマン | Trackback(0) | Comment(6) | page top↑
Jimi Blue Ochsenknecht
ジミ・ブルー・オクセンクネヒト Jimi Blue Ochsenknecht

DieWildenKerle3-03.jpg

ドイツで大人気キッズ・ムービー・シリーズ作品『Die wilden Kerle』で主人公のレオン(Leon)役を演じているのがジミ・ブルー・オクセンクネヒト。この作品は、レオンをリーダーとするクールでワイルドでカッコイイ子たちのサッカーチーム「Wilden Kerle」の物語である。ハーレーもどきの改造自転車に乗る、パンクなファッション(時々コスプレはいるが・・・)の彼らがかわいいし、センスの良いストーリー展開で凄く面白い!!
両親が役者と、芸能一家で育った彼の映画デビュー作は、父親のウーヴェ・オクセンクネヒトが主演の作品『MON-ZEN』である。『Die wilden Kerle』シリーズではマーロン(Marlon)役でお馴染みの彼の1歳年上のお兄さんウィルソンのデビュー作でもある。彼らの出演は少ないと思うが、日本を舞台とした笑える異文化交流作品のようである。(観てないので、詳細は下にリンク貼ってます)
『Die wilden Kerle』シリーズで主人公レオン役のジミ・ブルーは、子供達からティーンの女の子達の大人気アイドルで、ツアー映像などで熱狂振りは、いやはや凄いです!そして、クールで凄くカッコイイが、意外にも声がキュートな彼は、とても魅力的な美少年である。彼の普段の服装センスも良い!!
※『Die Wilden Kerle』の感想は後程。

JimiBlue-001.jpg

JimiBlue-006.jpg

kira-p.gif Profile
・フルネーム : Jimi Blue Ochsenknecht
・生年月日 : 1991年12月27日 (現在15歳)
・出身地 : ドイツ ミュンヘン
・現住居 : グリュンヴァルド(Grünwald)
・髪の色 : ブラウン
・瞳の色 : ブラウン
・趣味 : スケボー、サッカー、スノボー、マウンテンバイク、映画、音楽、友達、俳優
・両親 : 父:ウーヴェ・オクセンクネヒト Uwe Ochsenknecht(俳優)・・・IMDb
      母:ナターシャ・オクセンクネヒト Natascha Ochsenknecht(女優)
・兄弟 : 兄:ウィルソン Wilson Gonzalez Ochsenknecht 妹:Cheyenne Savannah
・好きなテレビシリーズ : 『ジャッカス / Jackass』『ビバ・ラ・バム / Viva La Bam』
・好きな動物 : 犬
・ペット : ボーダー・テリア・・・名前:Cokie Apple Blue Tender Ochsenknecht
・好きな色 : ピンク
・得意な科目 : 英語、美術、体育
・嫌いな科目 : 数学
・身長 : 175cm~
・学校 : シュタイナー学校・・・ウィキペディア(Wikipedia)

【出演作品】
2000年 『MON-ZEN(もんぜん)』 原題:Erleuchtung garantiert ・・・Movienet
2003年 『Die Wilden Kerle – Alles ist gut, solange du wild bist!』
2004年 『Auf den Spuren der Vergangenheit』 (TV)
2005年 『Die Wilden Kerle 2』
2005年 『Heidi』 (voice)
2006年 『Die Wilden Kerle 3』
2007年 『Die Wilden Kerle 4』

JimiBlue-007.jpg

DieWildenKerle3-M04.jpg

kira-p.gif Links
Die Wilden Kerle 公式サイト (予告編、ゲームなどもあり、特に"4"が充実している)
Die Wilden Kerle
Die Wilden Kerle
Die Wilden Kerle 2
Die Wilden Kerle 3
Die Wilden Kerle 4
Jimi Blue Ochsenknecht ファンサイト
°Jimi Blue Ochsenknecht°[Legolas.NET]
jimiochsenknecht
HP-Jimi Blue Ochsenknecht Fan
[Jimi Blue Ochsenknecht] - JimiBlue.net
..Jimi & Wilson Ochsenknecht.. - Home ・・・ジミー&ウィルソンのファンサイト
(特にメニューから"Zeitschriften"の"Berichte"の雑誌表紙写真の数が凄い。)

Hells-Koepfchen.de ・・・ジミー&ウィルソンのインタビュー(動画もあり)

15.gif Die wilden Kerle 1-4 の画像
『Die Wilden Kerle』
DieWildenKerle1-01.jpg

DieWildenKerle1-02.jpg

『Die Wilden Kerle 2』
DieWildenKerle2-01.jpg  DieWildenKerle2-02.jpg  DieWildenKerle2-03.jpg

『Die Wilden Kerle 3』
DieWildenKerle3-01.jpg

DieWildenKerle3-02.jpg

『Die Wilden Kerle 4』
DieWildenKerle4-03.jpg  DieWildenKerle4-01.jpg  DieWildenKerle4-02.jpg

kira-p.gif DVD Links ・・・Amazon.de:Die wilden Kerleシリーズ("4"は発売前)

DieWildenKerle-DVD.jpg  DieWildenKerle2-DVD_.jpg  DieWildenKerle3-DVD.jpg  DieWildenKerle4-DVD.jpg

Jimi Blue Ochsenknecht
JimiBlue-002.jpg

JimiBlue-003.jpg  JimiBlue-005.jpg  JimiBlue-008.jpg

『Auf den Spuren der Vergangenheit』 (TV)
AdSdV01.jpg  AdSdV02.jpg  AdSdV03.jpg

『Die Wilden Kerle 3』メイキングから
DieWildenKerle3-M01.jpg  DieWildenKerle3-M02.jpg  DieWildenKerle3-M06.jpg

DieWildenKerle3-M03.jpg  DieWildenKerle3-M05.jpg  DieWildenKerle3-M07.jpg

ウィルソン・ゴンサレス・オクセンクネヒト Wilson Gonzalez Ochsenknecht

WilsonGO001.jpg

1990年3月18日生まれ
kira-p.gif Links
IMDb:Wilson Ochsenknecht
Wilson Gonzalez Ochsenknecht FanPage ・・・ファンサイト

YouTube:Jimi Blue Ochsenknecht & Die Wilden Kerle
テレビ出演インタビューなど
Jimi Blue Ochsenknecht
Jimi und Wilson bei Tv Total 03
Jimi und Wilson bei Tv Total 05
Jimi und Wilson bei Exclusiv

★ Die Wilden Kerle 4 ★


★ Interwiev mit Jimi ★


★ Die Wilden Kerle Musikvideo ★

ikiram.gif気に入ったらこちら→ 洋画ランキング

Thema: 美少年 - Genre: 映画

【2007/03/25 17:24】 | ジミ・ブルー・オクセンクネヒト | Trackback(0) | Comment(21) | page top↑
アレックス・ペティファー 「Tom Brown's Schooldays」
アレックス・ペティファー Alex Pettyfer

TBSD-30.jpg

トマス・ヒューズの自伝的小説「トム・ブラウンの学校生活」は、2005年1月イギリスでテレビ映画作品『Tom Brown's Schooldays』として放映された。主人公の正義感の強い腕白少年トム・ブラウン役にアレックス・ペティファー。個人的にはパブリック・スクールの内状を描いた興味深い作品である。

TBSD-02.jpg

TBSD-29.jpg

[ Story ]
田舎の上流家庭で育った少年トム・ブラウンは、名門ラグビー校の校長寮に編入することとなった。急行駅馬車に乗って、辿り着いたその日、トムは同じ級の世話好きのイーストに連れられ、校伝統のフットボール(ラクビー)の試合の見学をする。エースの6級生ブッルクの活躍の中、新入生トムはゴールを決め、注目を浴びた。ブルックに一目置かれるが、5級生の下級生苛めのフラッシュマンはトムに目に付け、何かと嫌がらせを始めた。ビグ・サイド撒紙競争の日、大分遅れてしまったトムとイーストと同級のオタマジャクシは偶然馬屋で、フラッシュマンと寮主事の娘サリーの逢引を覗き見していた。足を滑らせ2人の間に割って入ったオタマジャクシはフラッシュマンに追いかけられ河に落ちてしまった。トムが飛び込んで溺れたオタマジャクシを何とか助け、遅い帰寮だったが、校長は叱りはしなかった。フラッシュマンの苛めに屈することのないトムは、下級生の中で英雄扱いされるようになった。傲慢になりつつあるトムはある日、校長から転入生のジョージ・アーサーの面倒見を頼まれた。タフな少年等の多いこの学校では苛めの対象となり得る大人しい少年である。だが信心深く心優しいアーサーの存在は悪童トムの心に変化を与えた。ある日、フラッシュマンの苛めの標的となったアーサーを助けようと、トムは彼とのボクシング対決をするが・・・。

TBSD-12.jpg

TBSD-43.jpg

[ 原作と映画の寮生活 ]
「当時のイギリスの上流階級または中層階級の子息は、7,8歳頃から寄宿制の私立学校に送られ、11,2歳になるとパブリック・スクールに入学し18,9歳まで教育を受けた後、オックスフォードまたはケンブリッジ大学へ進学するのが主だった。教育は、ギリシャ、ラテン文学の取得を主とする人文主義的教育と、一般社会から絶縁した共同生活、訓練的スポーツによって、社会に貢献する“英国紳士”を育成するというもの。」

著者トマス・ヒューズの実体験を元に、19世紀のイギリスを舞台に、パブリック・スクールの改革で著名な校長トマス・アーノルドの名門ラグビー校の校長寮に編入する11,2歳の主人公トム・ブラウンの19歳卒業までの学校生活を描いた作品「トム・ブラウンの学校生活」は、『ハリー・ポッター』の原型ともいえる作品である。ラグビー発祥の地といわれるこの学校で行われる寮対抗フットボールは、クィディッチに通じるものがあるし、町での買い物では、縁無帽子は俗人(町の人々町から通う生徒)の被るものだとシルクハットを新調したり、編入したての小遣いに余裕があるトムは、焼きジャガイモやソーセージを買ってきてお茶の時間に添えるなどは、ダイアゴン横丁の新学期前の買い物やホグズミートを連想させる。立派で素敵な勉強室、大広間での寮生の晩餐などもそうである。

だが寮生活は、最上級生の6級生から選ばれた監督生をトップに、上級生が下級生を絶対服従させるというお決まりの階級社会である。上級生には“ファグ”(fag)(パブリック・スクール特有語)といわれる下級生がつき、上級生の勉強室の掃除、お湯汲み、その他の用事を言いつけられる。上級生が良い人ならまだいいが、この作品に登場する下級生いじめのフラッシュマンのような人だと最悪である。また、上級生がベットに入る前の“抛り上げ行事”(毛布の中に放り込まれ飛び上げ下げされるというもの)もある。天井や地面に叩き付けられたりする危険性があり、下級生は逃げ隠れする程嫌なもので、上級生が面白がってやる行事である。劇中でも、トムが被害にあっている。また、競馬の空クジを下級生に買わせ、自分等が大儲けするという卑怯なフラッシュマンに絶対服従しないトムが、暖炉の火炙りの拷問をされるなどの場面もある。上級生からの苛めや、活発な少年トムは悪戯から校長に鞭打ちの罰を受けたりと、ハードで傷だらけのトムの生活を強調した作品と思った。

フラッシュマンの退学後、聖人のようなアーサーの登場と、アーノルド校長の計らいから、悪童トムとイーストが悔い改め大人へと成長するという、キリスト教精神の強い訓戒的原作であるが、映画では、横暴な5級生の苛めっ子フラッシュマンとのエピソードに的を絞り、トム・ブラウンの闘争学校生活という印象を持った。アーサーの設定に多少脚色はあるが、校長の威厳と、成長するトムの姿が見られる。そして、はまり役とも思えるトム・ブラウン役の美少年アレックス・ペティファーの演技は非常に魅力的である。お奨めです!

TBSD-32.jpg

TBSD-39.jpg

TBSD-37.jpg

『Tom Brown's Schooldays』
2005年 イギリス
監督 デイヴ・ムーア (Dave Moore)
原作 トマス・ヒューズ (Thomas Hughes)
脚本 アシュレイ・ファーロ (Ashley Pharoah)
音楽 ジョン・E・キーン (John E. Keane)
[ 出演 ]
アレックス・ペティファー (Alex Pettyfer) ・・・トム・ブラウン (Tom Brown)
スティーブン・フライ (Stephen Fry) ・・・校長トマス・アーノルド (Dr. Thomas Arnold)
ジョゼフ・ビーティ (Joseph Beattie) ・・・フラッシュマン (Flashman)
ハリー・ミシェル (Harry Michell) ・・・イースト (East)
デーン・カーター (Dane Carter) ・・・オタマジャクシ (Tadpole)
ハリー・スミス (Harry Smith) ・・・ジョージ・アーサー (George Arthur)
ジェマ・レッドグレーヴ (Jemma Redgrave) ・・・アーノルド夫人 (Mary Arnold)
クライヴ・スタンデン (Clive Standen) ・・・ブルック (Brooke)
ジョージア・モフェット (Georgia Moffett) ・・・サリー (Sally)
ハリー・ウィリアムズ (Harry Williams) ・・・Frobisher
マックス・ベニッツ (Max Benitz) ・・・Huband
ジョン・カーライル (John Carlisle) ・・・Mr. Lampard
ベン・ティレット (Ben Tillett) ・・・Speedicot
トム・アレン (Tom Allen) ・・・Fothergill
ジェラード・ホーラン (Gerard Horan) ・・・Bill

Links
IMDb:Tom Brown's Schooldays (2005)
IMDb:Tom Brown's Schooldays (1916)
IMDb:Tom Brown's School Days (1940)
IMDb:Tom Brown's Schooldays (1951)
IMDb:Tom Brown's Schooldays (1971)
Rugby School
DVD
amazon.co.uk:Tom Brown's Schooldays (2005)
amazon.com:Tom Brown's Schooldays (2005)
アレックス・ベティファーのプロフィール記事はこちら
アレックス・ベティファーの『STORMBREAKER / ストームブレイカー』の記事はこちら

TBSD-04.jpg  TBSD-05.jpg  TBSD-07.jpg

TBSD-08.jpg  TBSD-13.jpg  TBSD-14.jpg

TBSD-16.jpg  TBSD-17.jpg  TBSD-18.jpg

TBSD-19.jpg  TBSD-20.jpg  TBSD-21.jpg

TBSD-22.jpg  TBSD-24.jpg  TBSD-25.jpg

TBSD-26.jpg  TBSD-27.jpg  TBSD-28.jpg

TBSD-34.jpg  TBSD-35.jpg  TBSD-40.jpg

TBSD-36.jpg  TBSD-44.jpg  TBSD-45.jpg

TBSD-48.jpg  TBSD-51.jpg  TBSD-52.jpg

TBSD-46.jpg

ikiram.gif気に入ったらこちら→ 洋画ランキング

Thema: 美少年 - Genre: 映画

【2007/03/21 23:24】 | アレックス・ペティファー | Trackback(0) | Comment(9) | page top↑
ディディエ・オードパン「寄宿舎―悲しみの天使」
ディディエ・オードパン Didier Haudepin

DidierH-LAP001.jpg

前記事の追加記事です。
可憐で愛らしく、劇中登場する殉教者聖タルシウスの像に喩えられる、純真を貫いたアレクサンドルを演じた美少年ディディエ・オードパン。子羊を抱いたアレクサンドル。ジョルジュと初めて言葉を交わす列車の中で、目のゴミをジョルジュにとってもらうシーンでは、白目がちの顔を差し出すアレクサンドルが無邪気で可愛い。ジョルジュから贈られた香水のお礼にと、アレクサンドルが自分の巻き毛を手紙と一緒に彼に贈り返す場面。ジョルジュと“血の契り”をするアレクサンドルの美しい横顔。・・・と気に入っているシーンが数多くある美しい物語 『寄宿舎―悲しみの天使』

DidierH-LAP003.jpg

DidierH-LAP002.jpg

原題 『Les amitiés particulières』
邦題 『寄宿舎―悲しみの天使』 or 『寄宿舎/ジョルジュとアレクサンドル』
製作 1964年 フランス
監督 ジャン・ドラノワ Jean Delannoy
原作 ロジェ・ペルフィット Roger Peyrefitte
脚本 ジャン・オーランシュ Jean Aurenche / ピエール・ボスト Pierre Bost
撮影 クリスチャン・マトラ Christian Matras
製作プロデューサー クリスティーヌ・グゥズールナル Christine Gouze-Rénal
[音楽]
ジャン・プロドロミードゥ Jean Prodromidès
ヴァンセーヌ少年合唱団 Les Petits Chanteurs de Vincennes
[出演]
ディディエ・オードパン Didier Haudepin ・・・Alexandre Motier
フランシス・ラコンブラード Francis Lacombrade ・・・Georges de Sarre
フランソワ・ルチア François Leccia ・・・Lucien Rouvière
ドミニク ・モーラン Dominique Maurin ・・・Marc de Blajean
ルイ・セニエ Louis Seigner ・・・Le père Lauzon/Father Lauzon
ミシェル・ブーケ Michel Bouquet ・・・Le père de Trennes/Father Trennes
リュシアン・ナット Lucien Nat ・・・Le père supérieur/Father Superior
[Title]
Le amicizie particolari ・・・イタリア
Heimliche Freundschaften ・・・西ドイツ
This Special Friendship ・・・aka
Links
IMDb:Didier Haudepin
BCSD:Les Petits Chanteurs de Vincennes
ディディエ・オードパン『寄宿舎―悲しみの天使』の前記事はこちら

DidierH-LAP004.jpg

DidierH-LAP005.jpg

『David Copperfield』 ・・・[1965 / TV]
DidierH-DC001.jpg  DidierH-DC002.jpg  DidierH-DC003.jpg

DidierH-DC004.jpg  DidierH-DC005.jpg  DidierH-DC006.jpg

DidierH-DC007.jpg  DidierH-DC008.jpg  DidierH-DC009.jpg

↓YouTubeで『寄宿舎―悲しみの天使』の全編がUPされてました。
Les amities particulieres part 1 of 10
Les amities particulieres part 2 of 10
Les amities particulieres part 3 of 10
Les amities particulieres part 4 of 10
Les amities particulieres part 5 of 10
Les amities particulieres part 6 of 10
Les amities particulieres part 7 of 10
Les amities particulieres part 8 of 10
Les amities particulieres part 9 of 10
Les amities particulieres part 10 of 10
ikiram.gif気に入ったらこちら→ 洋画ランキング

Thema: 美少年 - Genre: 映画

【2007/03/21 01:32】 | ディディエ・オードパン | Trackback(0) | Comment(0) | page top↑
アレックス・ペティファー 「STORMBREAKER」
アレックス・ペティファー  Alex Pettyfer

STORMBREAKER-15.jpg

世界中で大ヒットしたアンソニー・ホロヴィッツの少年スパイ小説アレックス・ライダー・シリーズの第一弾「女王陛下の少年スパイ!アレックス -ストームブレイカー」が映画化された。公開はイギリスで2006年7月、日本公開は2007年秋に予定されている。主人公の14歳の少年“ブロンドの髪で鳶色の瞳のたくましいハンサム・ボーイ”のアレックス・ライダー役には、まさに適役といえる名前も同じアレックス・ペティファー 。撮影当時14,5歳と思うが、とても見えない大人っぽくてカッコいいアレックスの魅力満載の作品である。

STORMBREAKER-19.jpg

STORMBREAKER-7.jpg

[Story]
14歳の少年アレックス・ライダーは、たった一人の肉親の叔父のイアンを事故で亡くした。ところが銀行員と思っていた叔父イアンの乗っていた車には銃弾の跡があったのだ。その後アレックスは、イアンの上司のブラントと会う。イアンはMI6(英国諜報員)特殊工作員で、任務中に命を落としたのだ。そして、MI6特別作戦局長ブラントから、半ば強制的に、イアンの任務の引継ぎを依頼される。最近革命的なコンピューター“ストームブレイカー”を開発し、全英の中学校に寄付するという“セイル・エンタープライズ”の調査である。2週間のMI6工作員のSAS式サバイバル訓練を受けたアレックスは、大規模な警備で固められた怪しげな工場に、大富豪オーナー社長セイルに招待されたティーン代表として乗り込んで行く・・・。

STORMBREAKER-5.jpg

STORMBREAKER-12.jpg

作品は結構面白いと思う。映画館で観たい作品だ。そして、アレックスが使用する特殊武器に“ニンテンドーDS”が登場する。ゲームソフトを差し込むことによって、盗聴、探知、発煙などのハイテク機能がある。他に、金属を溶かすニキビクリーム、モーター式ヨーヨーなど。子供が喜んで食い付きそうな武器が、どこで役立つか見るのも楽しいと思う。そして、アレックスが可愛いカタコトの日本語でジャックと挨拶を交わしたり(彼は4ヶ国語話せるという設定からか)ジャックが作った夕食がお寿司なのは、ちょっと嬉しかったりもする。

役柄は非常に濃い面々が揃う。醜悪な悪党セイルにミッキー・ロークだと後で知って驚いた。セイルの部下の女性ナディアも強烈なキャラだが、演じたソフィー・オコネドの普段の写真を見ると意外にも美人である。「ガガガガガ!」としか喋れないミスター・グリン役にはロード・オブ・ザ・リングのゴラム役の個性派俳優アンディー・サーキス。登場シーンは少ないが、印象を強く残すロシア人殺し屋ヤッセン役にはダミアン・ルイス。ジャック役には小悪魔女優と知られたアリシア・シルヴァーストーン。そして、登場シーンは少なかったが叔父のイアンに、こちらも名前が似ている素敵なユアン・マクレガー・・・など。

STORMBREAKER-9.jpg

STORMBREAKER-16.jpg

『STORMBREAKER / 原題:ストームブレイカー』
2006年 ドイツ=アメリカ=イギリス
日本公開 今秋東劇他全国ロードショー予定
劇場配給 キュービカル・エンタテインメント
[監督]
ジェフリー・サックス Geoffrey Sax
[原作・脚本]
アンソニー・ホロヴィッツ Anthony Horowitz
[出演]
アレックス・ペティファー (Alex Pettyfer) ・・・アレックス・ライダー(Alex Rider)
 ・・・・14歳の少年。MI6の特殊工作員。
ユアン・マクレガー(Ewan McGregor) ・・・イアン・ライダー(Ian Rider)
 ・・・・アレックスの叔父でたった一人の肉親。SAS辣腕特殊工作員。
ミッキー・ローク(Mickey Rourke) ・・・ダリアス・セイル(Darrius Sayle)(へロッド・セイル)
 ・・・・レバノン出身の「セイル・エンタープライズ」のオーナー社長。
アリシア・シルヴァーストーン(Alicia Silverstone) ・・・ジャック・スターブライト(Jack Starbright)
 ・・・・ライダー家のハウスキーパー。アレックスの姉のような存在。
サラ・ボルジャー(Sarah Bolger) ・・・サビーナ・プレジャー(Sabina Pleasure)
 ・・・・アレックスの恋人。
ダミアン・ルイス(Damian Lewis) ・・・ヤッセン・グレゴヴィッチ(Yassen Gregorovich)
 ・・・・ロシア人殺し屋。
ビル・ナイ(Bill Nighy) ・・・アラン・ブラント(Alan Blunt)
 ・・・・イギリス諜報機関MI6の特別作戦局長。
ソフィー・オコネド(Sophie Okonedo) ・・・ジョウンズ夫人(Mrs. Jones)
 ・・・・ブラントの部下。
スティーブン・フライ(Stephen Fry) ・・・スミザース(Smithers)
 ・・・・MI6の特殊武器開発担当者。映画ではおもちゃ屋にいる。
ミッシー・パイル(Missi Pyle) ・・・ナディア・ヴォール(Nadia Vole)
 ・・・・セイルの部下のドイツ人女性。
アンディー・サーキス(Andy Serkis) ・・・ミスター・グリン(Mr. Grin)
 ・・・・セイルの執事。口の両端をナイフで切り裂かれている。
アシュレイ・ウォルタース (Ashley Walters) ・・・ウルフ(Wolf)
 ・・・・アレックスと訓練を受けるSASの隊員。他、フォックス、イーグル、スネイク。
ロビー・コルトレーン(Robbie Coltrane) ・・・首相(Prime Minister)
[Title]
『Alex Rider & Stormbreaker』 ・・・フィンランド
『Alex Rider - Mystiki apostoli』 ・・・ギリシャ
『Alex Rider - Operação Stormbreaker』 ・・・ポルトガル
『Alex Rider Contra o Tempo』 ・・・ブラジル
『Alex Rider: Operation Stormbreaker』 ・・・アメリカ
『Alex Rider: Stormbreaker』 ・・・フランス
『Stormbreaker』 ・・・ベネズエラ
Links
17.gif Movie Site
STORMBREAKER 公式サイト
IMDb:Stormbreaker
Cubical Entertainment:STORMBREAKER ・・・日本劇場配給
17.gif Books Site
集英社ファンタジーぷれすウェブ
※↑アレックス・シリーズ本のコンテンツに、ムービー、スクリーンセーバーのダウンロード、クイズなどあって充実。日本版の表紙・挿絵の荒木飛呂彦のイラストがカッコいい。
ストームブレイカー―女王陛下の少年スパイ!アレックス ・・・Amazon
※↑映画を観る前に原作も。サクサク読めて面白い!
1作目「ストームブレイカー」 2作目「ポイントブランク」 3作目「スケルトンキー」 第4作目「イーグルストライク」 5作目「スコルピア」(現在和書発売5作目までだが、イギリスでは7作目も発売されるという)
17.gif DVD
Amazon.co.uk:Stormbreaker
17.gif アレックス・ペティファーのプロフィール記事はこちら

STORMBREAKER-1.jpg  STORMBREAKER-2.jpg  STORMBREAKER-4.jpg

STORMBREAKER-6.jpg  STORMBREAKER-8.jpg  STORMBREAKER-10.jpg

STORMBREAKER-13.jpg  STORMBREAKER-14.jpg  STORMBREAKER-17.jpg

STORMBREAKER-18.jpg  STORMBREAKER-20.jpg  STORMBREAKER-21.jpg

ikiram.gif気に入ったらこちら→ 洋画ランキング

Thema: 美少年 - Genre: 映画

【2007/03/20 00:28】 | アレックス・ペティファー | Trackback(1) | Comment(7) | page top↑
ビョルン・アンドレセン「En karlekshistoria」
ビョルン・アンドレセン Björn Andrésen

DIV-BjornA-01.jpg

前記事の修正、追加を兼ねた記事です。
『En kärlekshistoria / 邦題:純愛日記』に、当時15歳のアンドレセンは、主人公のペルの仲間として、数カットの出演をした。弱冠26歳の新人だったロイ・アンデルソン監督は、この作品で監督・脚本・編集をこなしたという。

『En kärlekshistoria / 邦題:純愛日記』
1970年 スウェーデン
[ Title ]
『A Swedish Love Story』 ・・・aka
『Eräs rakkaustarina』 ・・・フィンランド
『Schwedische Liebesgeschichte, Eine』 ・・・西ドイツ
[ 監督・脚本・編集 ]
ロイ・アンデルソン Roy Anderson
[ 出演 ]
ロルフ・ソールマン (Rolf Sohlman) ・・・ペル(Par)
アン・ソフィ・シリーン (Ann-Sofie Kylin) ・・・アニカ(Annika)
バーティル・ノルストレム (Bertil Norstrom) ・・・アニカの父ヨーン(John)
アニタ・リンドブロム (Anita Lindblom) ・・・エバ(Eva)
マグレート・ヴェバース (Margreth Weivers) ・・・アニカの母エルサ(Elsa)
ビョルン・アンドレセン (Björn Andrésen) ・・・ペルの友達(Pär's Buddy)
[ Story ] (goo より)
ストックホルム郊外にある療養所に祖父を訪ねた15歳の少年ペルは、庭で黒いグレートデンを連れた少女に魅せられた。やがて友達から紹介されたペルは、少女の名はアニカという14歳の可愛い少女であることを知る・・・。
17.gif Links
純愛日記(1970) - goo
※↑作品についての詳しい解説、あらすじなど。
Roy Andersson Filmproduktion
IMDb:Kärlekshistoria, En
17.gif DVD Links
Xploited Cinema:A SWEDISH LOVE STORY
MOVIEMIX:En kärlekshistoria
CVMC:En Karleks Historia

DIV-BjornA-02.jpg

DIV-BjornA-05.jpg

※『ベニスに死す』についての追加です。
『ベニスに死す / 原題:Morte a Venezia』
[Title]
『Death in Venice』 ・・・カナダ・イギリス・アメリカ (English title)
『Morte em Veneza』 ・・・ブラジル・ポルトガル
『Döden i Venedig』 ・・・スウェーデン
『Døden i Venedig』 ・・・デンマーク
『Halál Velencében』 ・・・ハンガリー
『Kuolema Venetsiassa』 ・・・フィンランド
『Mort à Venise』 ・・・フランス
『Morte a Venezia』 ・・・イタリア
『Muerte en Venecia』 ・・・スペイン
『Thanatos sti Venetia』 ・・・ギリシャ
『Tod in Venedig』 ・・・西ドイツ
17.gif Links
IMDb:Morte a Venezia
Trailer:Death in Venice
※↑『ベニスに死す』の予告編。
17.gif 『ベニスに死す』についての前記事はこちら
17.gif 『タッジオを探して』についての記事はこちら

DIV-BjornA-04.jpg

DIV-BjornA-03.jpg

DIV-BjornA-06.jpg
★ Perdus cette nuit ★

ikiram.gif気に入ったらこちら→ 洋画ランキング

Thema: 美少年 - Genre: 映画

【2007/03/18 19:06】 | ビョルン・アンドレセン | Trackback(1) | Comment(4) | page top↑
アレックス・ペティファー
アレックス・ペティファー Alex Pettyfer

20070317182814.jpg

14歳のジェームズ・ボンドと本国イギリスで大ヒットした作品『Stormbreaker/原題:ストームブレイカー』に主演の少年スパイ、アレックス・ライダー役で一躍話題となった美少年アレックス・ペティファー。出演作品はまだ『Tom Brown's Schooldays』と『Stormbreaker』の2作品だが、なかなかハードなシーンが多いこの2作品の主演をこなした彼は、今後が期待されている若手俳優である。とてもカッコ良い彼は、大人っぽいがまだ16歳。

Alex-Stb-01.jpg

Alex-Stb-03.jpg

Profile
・フルネーム : アレックス・リチャード・ペティファー Alex Richard Pettyfer
・生年月日 : 1990年4月10日(現在16歳)
・星座 : 牡羊座
・出身地 : イギリス ハートフォードシャー州 スティーブニジ
・現住居 : ウィンザーの中心地
・身長 : 178cm(5ft10)~
・髪の色 : ナチュラル・ブラウン、ブロンド
・瞳の色 : 栗色
・父親 : リチャード・ぺティファー Richard Pettyfer(俳優)
・母親 : リー・アイルランド Lea Robinson(元モデルで現テレビキャスター)
・兄弟 : 兄ジェームズ・アイルランド James Ireland(母の再婚による異父母兄弟、テニス・プレイヤー)
・学校 : シップレイクカレッジ(Shiplake College)に在籍(男子寄宿制の名門校、オックスフォードシャー州ヘンリ-オンテムズ)
・趣味 : スキー、アイスホッケー
・本 : 「ダ・ヴィンチ・コード」、アンソニー・ホロヴィッツの「ストームブレイカー」(特に読書家という訳ではないらしいが)
映画 : チャーリー・チャップリン、デンゼル・ワシントン『インサイド・マン』
・音楽 : インディーズロックバンド・・・“kings of Leon”“The kooks”など。
・キャリア : 7歳の時、ラルフローレン、GAPなどの子供モデル
・今後の出演作 : 『エラゴン』の出演を断ったという彼の今後の出演作情報はまだ無い。
・魅力 : 彼は顔にソバカスやホクロがある方だが修正で消されてしまう事もあるらしい。左上の口元のホクロがキュートだと思う!

Alex-Stb-02.jpg

Alex-Stb-04.jpg

Alex-TBSD02.jpg

20070317182902.jpg

Links
Alex Pettyfer 公式サイト ・・・現在休止中だが『Stormbreaker』のリンクあり
Alex Pettyfer Fansite com ・・・ファンサイト(現在休止)
Alex Pettyfer co uk ・・・ファンサイト
Alex Pettyfer org ・・・ファンサイト

【出演作】
2005年 『Tom Brown's Schooldays』 [TV Movie] ・・・日本未公開作
2006年 『Stormbreaker』 ・・・今秋東劇他全国ロードショー予定『原題:ストームブレイカー』
『Tom Brown's Schooldays』と『Stormbreaker』については、しばらくお待ち下さい。

『Stormbreaker』のメイキングから
Alex-Stb-05.jpg  Alex-Stb-06.jpg  Alex-Stb-07.jpg

最近の写真など
AlexP03.jpg   AlexP01.jpg   AlexP02.jpg

YouTubeより『Stormbreaker』の予告編と、『Tom Brown's Schooldays』
★ ALEX RIDER; STORMBREAKER (trailer) ★

★ Tom Brown Scene 1 ★

★ an alex pettyfer music vid ★

ikiram.gif気に入ったらこちら→ 洋画ランキング

Thema: 美少年 - Genre: 映画

【2007/03/17 18:57】 | アレックス・ペティファー | Trackback(0) | Comment(3) | page top↑
Leo Legrand 「Jacquou le Croquant / 仮題:クロカン・ジャクー」
レオ・ルグラン Léo Legrand

LeoL-08.jpg

ル・ロワ(Le Roy)原作の長編歴史大作『Jacquou le Croquant / 仮題:クロカン・ジャクー』 ギャスパー・ウリエルが演じる主人公ジャクーの少年期を演じるのがレオ・ルグランである。もの凄い可愛い正統派美少年の彼はまだ11歳。この作品は予告編観て、観る気満々の作品である。早く日本で公開して欲しいと思う!

『Jacquou le Croquant / 仮題:クロカン・ジャクー』
製作国 フランス
言語 フランス語
公開日 2007年1月17日(フランス国内) (日本公開未定)
上映時間 2時間35分
監督 ローラン・ブトナ Laurent Boutonnat
【出演】
ギャスパー・ウリエル (Gaspard Ulliel) ・・・ジャクー
レオ・ルグラン (Léo Legrand) ・・・ジャクー少年期
マリ=ジョゼ・クローズ (Marie-Josee Croz) ・・・ジャクーの母
アルベール・デュポンテル (Albert Dupontel) ・・・ジャクーの父
チェッキー・カリョ (Tcheky Karyo) ・・・騎士
オリヴィエ・グルメ (Olivier Gourmet) ・・・ボナル教区牧師
ジョスラン・キヴラン (Jocelyn Quivrin) ・・・ナンザック候
マリック・ジディ (Malik Zidi) ・・・Touffu
ジェラルド・トマサン (Gerald Thomassin) ・・・Le bigleux
ジュディ・デイビス (Judith Davis) ・・・リナ
Bojana Panic ・・・La galiote
ドラ・ドール (Dora Doll) ・・・Fantille
ジェローム・キルシャー (Jerome Kircher) ・・・L'avocat
Vincent Valladon ・・・10歳Touffu
【Story】(※Unifrance 世界中でフランス映画の振興をめざします。より)
1815年、ペリゴール地方で農夫の子、ジャクーは彼の両親とともに幸せに暮らしていた。残酷で傲慢な貴族、ナンザック候の過ちで彼は孤児となり悲惨な生活に身を落とすことになる。復讐を誓いながらも、ジャクーは彼を引き取ってくれたボナル司祭の保護のもと、精神的にも肉体的にも健やかに成長する。彼の親友達、そして魅力的で忍耐力のある若い娘、リナのおかげで、彼は数年後には魅力的でしっかりとした男性に成長する。彼の復讐の思いを不正なものへの戦いへと変え、そして単なる農民は偉大な者になり得るという証明をしようとする。

kirar.gif Links
14.gif Jacquou le Croquant 公式サイト
14.gif Unifrance 世界中でフランス~

この作品で少年期のジャクーを演じるレオ・ルグランは凄い美少年と思うが、少ない出演だがVincent Valladonもテレビなどで活躍しているなかなか可愛い子である。
kiram.gif Vincent Valladon
1994年3月13日 (現在13歳) IMDb
VincentVa-01.jpg

kiram.gif レオ・ルグラン Léo Legrand

LeoL-07.jpg

LeoL-02.jpg

出身地 ・・・フランス  Longumeau
生年月日 ・・・1995年11月5日(現在11歳)
身長 ・・・154cm
髪の色 ・・・黒めのブロンド
瞳の色 ・・・ブルー/グリーン
スポーツ ・・・テニス、水泳、ローラーブレード、自転車、サッカー、ハンドボール、テコンドー、スキー
【出演作品】
2003年 『Clap Avenir』 (TV)
2005年 『Tout pour plaire』
2005年 『Saison』 ショートフイルム
2007年 『Jacquou le Croquant / 仮題:クロカン・ジャクー』
2007年 『Les Yeux bandés』

LeoL-03.jpg

LeoL-06.jpg

kirar.gif Links
14.gif Léo Legrand 公式サイト
14.gif Benjamin Lemaire • Léo Legrand
※↑ フォトグラファーBenjamin LemaireによるLéo Legrandの写真や彼のインタビュー記事など。
14.gif Leo Legrand・・・Unifrance 世界中でフランス~
※↑ 『クロカン・ジャクー』と『Tout pour plaire』の予告編が観れます。

LeoL-04.jpg  LeoL-05.jpg  LeoL-010.jpg

LeoL-01.jpg   LeoL-09.jpg   LeoL-012.jpg

『Jacquou le Croquant』
JLC-P-01.jpg  LeoJLC01.jpg  LeoJLC02.jpg

『Tout pour plaire』
LeoTPP01.jpg  LeoTPP02.jpg  LeoTPP03.jpg

※↓ YouTubeより『クロカン・ジャクー』の予告編

★ Jacquou le croquant - Bande annonce ★


★ Jacquou le croquant - Teaser★

ikiram.gif気に入ったらこちら→ 洋画ランキング

Thema: 美少年 - Genre: 映画

【2007/03/13 23:29】 | Leo Legrand | Trackback(0) | Comment(8) | page top↑
レナート・チェスティエの「メリーゴーランド」
レナート・チェスティエ Renato Cestiè

lundp-14.jpg

ライモンド・デル・バルツォ監督の『メリーゴーランド』
幼い頃に母親を亡くし、父親の愛情を求める10歳の少年ルカが、突然不治の白血病に冒されてしまうという物語。主人公のルカを演じたのはレナート・チェスティエ。監督のライモンド・デル・バルツォはその後『星空の神話』でも、大人達の間で傷つき、哀しい運命を辿る少年バニー役に彼を起用している。可哀相!と、涙を誘う少年の演技がはまり役といえる彼は、華奢で愛らしい美少年である。

lundp-07.jpg

『メリーゴーランド』 L'ultima neve di primavera
1973年 イタリア
監督 ライモンド・デル・バルツォ
出演 レナート・チェスティ(ルカ) ベキム・フェーミュ(父親ロベルト) アゴスティーナ・ベリ(ベロニカ) マルゲリータ・メランドリ(ステファニ)
【Story】 幼い頃に母親を亡くした10歳の少年ルカは、寄宿学校で生活を送っている。ルカは休暇を父親のロベルトと過ごすのを楽しみにしていた。復活祭間近の休暇前、ルカは弁護士の仕事で忙しい父親の誕生日のプレゼントに、レコードを買った。しかし、仕事で多忙な父親とはなかなか一緒の時間を過ごす事ができないのだ。ある日ルカは、亡き母親の姿を映写機で見ていると、そこに見た事のない女性が写っていた。父ロベルトには恋人がいたのだ。彼は傷つき、父親へのプレゼントのレコードを物置の奥に隠してしまった。その後、ルカは父親と休暇をサルデニア海で過ごす事となったが、ロベルトの恋人のベロニカも同行したのだ。腹を立てるルカに、彼女は友達になろうと彼に接するのだった。やがて、ルカは彼女に心を開き始めた。その後、父親と2人でスキー場へ旅行へ行ったルカは、突然意識を失ってしまう。彼は重症の白血病にかかっていたのだ。父親ロベルトは仕事や恋人に逃げ、ルカを顧みる余裕が無かった自分を責めた。そんな父親にルカは最後のお願い事をする・・・。

lundp-12.jpg

息子より仕事や恋人を優先する父親に、嫉妬する純粋な少年の哀しい結末と、泣ける作品と思って観たが、然程でもなかった。公開当時だったら新鮮だったかもしれないが・・・。この父親にあまり良い印象を持った人はいないと思うが、意外にも良かったのが、恋人のベロニカ。彼女なりに真剣にロベルトとの結婚を悩んでいて、傷つきやすい年頃のルカを思い遣り、彼の母親になろうとするのではなく友達になりたいのだ。そして、もう一人、ルカの友達のぽっちゃりした女の子ステファニ。繊細なルカとは間逆の性格の彼女は、何よりも食べる事を重要としているのだ。入院しているルカのお見舞いに訪れ「あなたが治るまで間食を断つわ・・・我慢も限界だよ・・・」と皮肉を言うが、一人になってからそっと涙をぬぐうステファニが、この作品で一番良かったシーンと思ってしまった。途中、ひとり海を楽しんだり、チンパンジーと楽しく食事などの、レナート・チェスティエのプロモーションビデオのようなカットがあり、本作の進行とは関係ないのでは?と思われたが、でも無邪気な彼の姿は微笑ましくもある。
亡き母親に想いを募らせる少年の物語は、いわば少年主演作品の設定と確立していると思う。今までここで紹介した映画にも幾つかあるので参考まで(時代の違いもあるのかもしれないが・・・)
※悪い例(息子を不幸に追いやる)・・・『天使の詩』 『罪深き天使たち』
※良い例(素敵なパパ)・・・・『トムとトーマス』 『ハッダーの世界』

lundp-17.jpg

kiram.gifレナート・チェスティエ Renato Cestiè
1963年1月11日 イタリア ローマ
【出演作品】
1971年 『血みどろの入り江』 原題/Reazione a catena
1971年 『La Vita di Leonardo Da Vinci』 (TV)
1972年 『Il Diavolo nel cervello』
1972年 『Così sia』
1972年 『Si può fare... amigo』
1972年 『タヴィアーニ兄弟』 原題/San Michele aveva un gallo
1973年 『Cuore』
1973年 『メリーゴーランド』 原題/L'ultima neve di primavera
1973年 『Mamma mia è arrivato così sia』
1974年 『虹をわたる風船』 原題/Il Venditore di palloncini
1974年 『幸せの咲く樹』 原題/L'Albero dalle foglie rosa
1974年 『Giubbe rosse』
1974年 『名犬ホワイト/大雪原の死闘』 原題/Il Ritorno di Zanna Bianca
1974年 『Noi non siamo angeli』
1975年 『星空の神話』 原題/Bianchi cavalli d'Agosto
1976年 『Come ti rapisco il pupo』
1978年 『Nero veneziano』
197?年 『L Étrange monsieur Duvallier』 [TV Series](1 episode)
1983年 『Benedetta e company』 (TV)
1983年 『トラヴィアータ/椿姫』 原題/La Traviata
1987年 『I Ragazzi della 3 C』 [TV Series]
1989年 『I Ragazzi della 3 C - La seconda serie』 [TV Series]
1990年 『Una Prova d'innocenza』 (TV)
1992年 『In camera mia』
1993年 『Doris una diva di regime』 (TV)
1994年 『Le Nuove comiche』
1994年 『La Primavera negli occhi』

lundp-01.jpg  lundp-03.jpg  lundp-04.jpg

lundp-05.jpg  lundp-06.jpg  lundp-08.jpg

lundp-09.jpg  lundp-10.jpg  lundp-11.jpg

lundp-13.jpg  lundp-15.jpg  lundp-16.jpg

ikiram.gif気に入ったらこちら→ 洋画ランキング

Thema: 美少年 - Genre: 映画

【2007/03/13 18:13】 | レナート・チェスティエ | Trackback(0) | Comment(6) | page top↑
コール&ディラン・スプラウス
コール&ディラン・スプラウス Cole & Dylan Sprouse

cole-dylan01.jpg

人気の可愛い双子のコール&ディラン・スプラウスの次回作は、マーク・トウェインの名作『王子と乞食』の映画化作品である。主役のエドワード王子役をコールが、王子と入れ替わる貧しい少年トム役にディランが、それぞれ演じる。
原題『A Modern Twain Story: The Prince and the Pauper』 
監督 ジェームズ・クァトロッチ James Quattrochi
製作国 アメリカ
公開 2007年
LINK IMDb
【原作Story】
時を同じくしてイギリスに2人の男児が生まれた。一人は国王ヘンリー8世の世継ぎとして生まれたエドワード・テューダー王子。もう一人は、身分の低い貧民のトム・キャンティ。エドワード王子は豪華な宮殿に住み、何不自由ない生活を送っている。一方過酷な貧しい生活を送っていたトムは、自分と全く違う生活を送っているエドワード王子を一目見ようと宮殿に近寄るが、守衛に捕まってしまう。そこへやって来た王子に助けられた。お互い10歳の2人は、顔が瓜二つなことに気付く。そして王子は互いの服を交換することを思いつく。トムの衣服を身に着けたエドワードは宮殿から追い払われてしまう。入れ替わった事を誰も信じてくれず、トムは宮廷生活、そしてエドワード王子は、貧困層の生活を目の当たりにしていくのだった・・・。

★ Cole Sprouse ★
cole-2-03.jpg

【Profile】
kiram.gifディラン・スプラウス Dylan Sprouse・・・兄
フルネーム: Dylan Thomas Sprouse ディラン・トマス・スプラウス
誕生日: 1992年8月4日(現在14歳)
出身地: イタリア アレッツォ
現住所: ノース・ハリウッド
幼年期住所: カリフォルニア、ロングビーチ
ニックネーム: Sponge, Dyl, Lumpkin
星座: 獅子座
身長: 160cm
靴サイズ: 26cm
髪の色: ブロンド
瞳の色: 緑がかったブルー
両親: マシュー・スプラウス&メラニー・ライト(離婚)
兄弟: 双子の弟コール
ペット: Bubba (ブルドッグ)
語学: ドイツ語、チェロキー語
宗教: クリスチャン
個性: 冷静、マイペース、楽天家、社交的
学校: 自宅学習(個人教師による)
得意な科目: 英語、科学
将来やってみたい事: 動物学者
一番怖いもの: 『ダーク・ウォーター』 『Giant Squids』(映画
嫌いな食べ物: レバー、玉ネギ
尊敬する俳優: アダム・サンドラー/ Kim Rhodes
就寝時間: 午前0時
憧れの有名人: アドリアナ・リマ Adriana Lima
★ FAVORITES ★ [↓以下好みのもの]
色: オレンジ
テレビドラマ: 『Grim Adventures of Billy and Mandy』 『South Park』
バラエティ番組: 『Fear Factor』
映画: 『ゴジラ』 『SAWI & II』 『俺たちニュースキャスター』
音楽グループ: ウィーザー(Weezer)システム・オブ・ア・ダウン(System Of A Down)フライリーフ(flyleaf)ナールズ・バークレイ(Gnarles Barkley)
好きな曲: Perfect situation(ウィーザー)Mr. Brightside and Wonder Boy
スポーツ: スノーボード、サーフィン、モトクロス、サッカー
チーム: ロサンゼルス・レイカーズ・・・NBA
ゲームソフト: 大乱闘 スマッシュ ブラザーズ(Super Smash Bros)
ゲーム機: Nintendo DS
動物: オオカミ
本: 小説「ダンとアン」ウィルソン・ロールズ著
靴ブランド: Globe
洋服ブランド: Volcom(ボルコム)・・・スノボーブランド
買い物: イーストコースト
食べ物: スイートポテト、パスタ、シュリンプ・スキャンピ(北米の海老料理)
ドリンク: ルートビア
ピザトッピング: ペパロニ
キャンディ: 日本のグミ
コミック: アベンジャーズ(Avengers)
楽器: ギター
休暇場所: マンモスレイク(カリフォルニア)
朝食シリアル: クッキーチップ
犬の品種: ボクサー犬
アーケードゲーム: Marvel vs. Capcom
感謝祭のディナー: クランベリー・ソース
季節: 秋
アニメキャラクター: 『デクスターズ ラボ』のデクスター
スイーツ: チョコチップのアイスクリーム
アイス味: チョコレートチップス
テーマパーク: シックスフラッグス(Six Flags)・・・ロサンゼルス

cole-dylan03.jpg

kiram.gifコール・スプラウス Cole Sprouse・・・弟
フルネーム: Cole Mitchell Sprouse コール・ミッチェル・スプラウス
名前の由来: ナット・キング・コール(Nat King Cole)
身長: 160cm
靴サイズ: 25.5cm
髪の色: ブロンド
瞳の色: 緑がかったブルー
兄弟: 双子の兄ディラン
ペット: Bubba (ブルドッグ) Pinky
語学: ドイツ語、チェロキー語
宗教: クリスチャン
個性: 元気、好奇心が強く、良く喋る
学校: 家での教育(個人教師による)
得意な科目: 文学、歴史、数学、ギリシャ神話学
将来やってみたい事: 歌手、俳優
希望の大学: プリンストン大学、ペッパーダイン大学、コロラド大学
一番怖いもの: 暗闇
嫌いな食べ物: レバー、玉ネギ、チョコレート
尊敬する人物: 父親、マネージャー
尊敬する俳優: アダム・サンドラー/ Kim Rhodes
共演したい俳優: ジョニー・デップ、Dave Chappelle
就寝時間: 午前0時
憧れる有名人: アドリアナ・リマ Adriana Lima
ペプシorコーラ: コーラ
★ FAVORITES ★ [↓以下好みのもの]
色: ブラック、ブルー
テレビドラマ: 『Family Guy』 『South Park』 『Lost』
バラエティ番組: 『Supernanny』スーパーナニー
映画: 『ゴジラ』 『フォレスト・ガンプ』 『Napoleon Dynamite/バス男』
音楽グループ: システム・オブ・ア・ダウン、クイーン、デヴィッド・ボウイ
好きな曲: Chop Suey (SOAD)
スポーツ: バスケットボール、野球、スケートボード、スノーボード、サーフィン、モトクロス
ゲームソフト: ゼルダの伝説
ゲーム機: Xbox
動物: ブタ
本: 「オデュッセイア」詩人ホメロス作叙事詩
靴ブランド: DVS
洋服ブランド: Val Surf
買い物: イーストコースト(ニュージャージー/ニューヨーク)
食べ物: フェットチーネ・アルフレド、アジアンフード
ドリンク: Black Cherry
ピザトッピング: ベーコンビッツ
キャンディ: Three Musketeers
アダム・サンドラーの映画: 『ウェディング・シンガー』
海の生き物: タコ
楽器: ベース
休暇場所: イタリア
朝食シリアル: Frosted Mini Wheats
犬の品種: バセット・ハウンド、イングリッシュ・ブルドッグ
アーケードゲーム: Marvel vs. Capcom
感謝祭のディナー: スカロップト・ポテト
季節: 秋
雑誌: Nintendo Power
アニメキャラクター: スクービードゥー
スイーツ: バターケーキ、「コールド・ストーン・クリーマリー」のアイス
テーマパーク: シックスフラッグス
★ Cole Sprouse ★
cole-2-04.jpg

cole-2-02.jpg

cole-2-05.jpg

cole-2-01.jpg

62.gifamazon import DVD & VHS DVD購入はこちら↓
Sp-SL-DVD_.jpg   Sp-SL2-DVD.jpg   Sp-JfK.jpg

62.gifLINKS
★ SprouseBros.com - The Official Website of Dylan & Cole Sprouse
★ Sprouse-Fans.com. [Dylan And Cole Sprouse]
※プロフィール情報はこちらのサイトです。↑
★ SuiteLife Official Site
★ SuiteLifeFans
※ディラン&コールの前記事はこちら
※『サラ、いつわりの祈り』のレビューはこちら

※YouTubeから↓
★ dylan & cole sprouse tribute ★

★ Someday My Prince Will Come - Cody Martin - TSL style ★

★ cole sprouse ★


ikiram.gif気に入ったらこちら→ 洋画ランキング

Thema: 美少年 - Genre: 映画

【2007/03/09 12:28】 | ディラン&コール・スプラウス | Trackback(0) | Comment(117) | page top↑
Brano Holicek 「Kral sokolu」
Braňo Holiček

THOMAS_THE_FALCONER-104.jpg

中世を舞台に、鷹使いの少年トーマスの冒険物語『Král sokolu』
2000年に公開されたこの映画は、ヨーロッパを中心に数々のフィステバルに出展し、観客から絶大的に支持された。また、製作国でもあるスロバキア、チェコではテレビ放映され、国民のほとんどが観たという作品でもある。やはりトーマス役の美少年ブラノの、動物使いの演技に魅了されると思う。見た目は大人っぽい顔立ちをしているが、大人の俳優と比較すると幼い少年なんだと改めて思う。そんな彼が小動物だけでなく、馬を扱う場面は見事である。背丈以上の馬に乗りこなすのは勿論、飛び乗るのは何度か見られる。彼の運動能力が優れている事が良く分かると思う。そして、鷹使いトーマスの見所、ハヤブサを呼び寄せる場面である。彼の美しさを実感するシーンでもある。また、フォーミア姫の衣装も素敵で見所だ。彼女の三つ編みをアレンジした髪型も好みと思った。王子様オーストリックもなかなかの美男子。そして、ダボダボの白い服姿のブラノが、凄く可愛い!!

THOMAS_THE_FALCONER-68.jpg

THOMAS_THE_FALCONER-52.jpg

THOMAS_THE_FALCONER-92.jpg

THOMAS_THE_FALCONER-77.jpg

【Story】 14歳の少年トーマスは、山の頂に聳え立つバラドロ王の城の近くの森林に、馬農場を営む父親と、祖父、妹と暮らしている。一方、無法者とされる鷹使いの名手バーガンは、捕らえた動物の皮を剥いで、バラドロに売っていたが、領地を荒らしていると目を付けられていた。トーマスの誕生日の夜、馬農場にオオカミの群れが現れた。トーマスは動物使いの能力で追い払おうとするが、間に合わず、父親を救うことが出来なかった。父親の死後、祖父の仕事を見つける為に、トーマスは祖父と共に城へと登って行った。その日は、バラドロの娘のフォーミア姫の誕生日祝賀式が開催されていて、他民族(タタール人)の王子オーストリックとのお見合いの席でもあった。ふとした事故からトーマスは、馬が引く泥の桶の中に落ちてしまい、馬の暴走で、誕生日祝賀式が行われている中庭へと泥だらけのまま突っ込んでしまった。驚く人々の中、フォーミアはトーマスを気遣い、彼とダンスを踊るのであった。その後、窃盗の罪で追われている若者を、動物使いの能力で助けたことから、トーマスも被疑者とされてしまう。家を出たトーマスは、あれから慕うようになったフォーミアに出会った。彼女がオーストリックを愛している事を知って落ち込むが、彼女の幸せを願うのであった。そして、山の中で、バーガンに出会い、彼と仲間の暮らす住処へと迎え入れられた。一方バラドロの城守のイヴァンはバーガンらを目の仇にしていて陥れようとしていた。その後、バーガン達の前で、鷹使いの才能を発揮したトーマスは“ハヤブサの王”を呼び寄せる事が出来るのであった。彼らは“ハヤブサの王”をバラドロに献上して、これまでの罪を免除して貰おうとする。その後日、フォーミアとオーストリックの結婚式の日、オーストリックの存在すら妬んでいたイヴァンは、山奥の穴の中に彼を閉じ込めてしまう。そして、容疑をバーガンらに掛けるよう捏造をした。バーガンとトーマス達は無実の罪で逮捕されてしまい、城の地下牢に幽閉されてしまった。トーマスは、口笛でネズミを呼び寄せ、縛られていた綱を切り、フォーミアの手助けも借りて城から逃げ出し、“ハヤブサの王”を使ってオーストリックを捜索する事にする・・・。
言語に自信が無いので、あらすじに多少のズレはあるかもしれません。)

THOMAS_THE_FALCONER-75.jpg

THOMAS_THE_FALCONER-5.jpg

THOMAS_THE_FALCONER-6.jpg

THOMAS_THE_FALCONER-88.jpg

『Král sokolu』
上映年 2000年
製作国 チェコ共和国/スロバキア共和国/ポーランド/ハンガリー/ドイツ/フランス
言語 スロバキア語
監督 Václav Vorlícek
脚本 Josef Cíger Hronský/Ondrej Sulaj
出演 Braňo Holiček(Tomás) Juraj Kukura(Balador) Klára Jandová(Formina) Waldemar Kownacki(Vagan) Jirí Langmajer(Iver) Manuel Bonnet(Donát) Marta Sládecková(Katarína) Jaroslav Zvásta(Ostrik) Agnieszka Wagner(Zofia) Sándor Téri(Gustáv) Andrej Mojzis(Metodej) Lubo Kostelný(Vincko) Ludovít Cittel(Zubor) Lucia Baráthová(Agáta) Vladimír Jedlovsky(Father)
【Title】
「Falkner Thomas」(Germany: TV title)
「Król sokolów」 (Poland)
「Sokoliar Tomás」 (Slovakia)
「Solymász Tamás」 (Hungary)
「Thomas le fauconnier」 (France)
「Thomas the Falconer」 (Europe: English title)
「Tomas and the Falcon King」 (International: English title)
「Tomas und der Falkenkönig」 (Germany)

THOMAS_THE_FALCONER-110.jpg  THOMAS_THE_FALCONER-18.jpg  THOMAS_THE_FALCONER-20.jpg

THOMAS_THE_FALCONER-36.jpg  THOMAS_THE_FALCONER-42.jpg  THOMAS_THE_FALCONER-47.jpg

THOMAS_THE_FALCONER-48.jpg  THOMAS_THE_FALCONER-59.jpg  THOMAS_THE_FALCONER-60.jpg

THOMAS_THE_FALCONER-65.jpg  THOMAS_THE_FALCONER-76.jpg  THOMAS_THE_FALCONER-82.jpg

THOMAS_THE_FALCONER-86.jpg  THOMAS_THE_FALCONER-56.jpg  THOMAS_THE_FALCONER-73.jpg

THOMAS_THE_FALCONER-99.jpg  THOMAS_THE_FALCONER-105.jpg  THOMAS_THE_FALCONER-106.jpg

THOMAS_THE_FALCONER-107.jpg  THOMAS_THE_FALCONER-115.jpg  THOMAS_THE_FALCONER-119.jpg

KralSokolu-DVD.jpg ←興味ある方はこちらでDVDオンライン購入出来ます。

Braňo Holičekのプロフィール、出演作品、CD情報などはこちら
★気に入ったらこちら→ 洋画ランキング

Thema: 美少年 - Genre: 映画

【2007/03/05 22:42】 | Brano Holicek | Trackback(0) | Comment(9) | page top↑
Brano Holicek
Braňo Holiček

THOMAS_THE_FALCONER-124.jpg

スロバキア出身の、金髪、青い瞳の、凄く可愛い美少年。
幼い頃から、歌と音楽が好きだった彼は、コシツェの音楽・演劇学校に通っていた。学校ではレコーディングや演劇を学び「シンデレラ」や「雪の女王」などの様々なミュージカル劇を行った。その後、若い歌手タレントコンテスト・テレビ番組「Golden Gate」に興味を持ち、出場し、勝ち抜いていく。そして彼にとっての初大仕事、1997年、東スロバキア国立劇場のミュージカル劇『オリバー!』で主役のオリバー役に大抜擢された。このミュージカルを1年半、150回公演とこなし、非常に多くの人々から絶賛された。その後、1998年「Kik Flip」というタイトルでCDアルバムデビューをする事になる。スケボーファンの彼ならではのタイトルといえる。そして、大成功作は、2000年の『Král sokolu』の主人公トーマス役である。彼の人気は最高潮となり、多くのテレビショーや、舞台などで活躍が見られた。この作品は第40回ズリーン国際映画祭 (International Film Festival for Children and Youth Zlin)に出展され、高い評価を得た。この作品の成功により同年6月には、22周年“Nove Mesto Pan of Laugh”フィステバルで賞を受賞している。(最も活躍した若い俳優として)そして『Král sokolu』は、スペイン、エジプト、ドイツ、フィンランド、ノルウェーなどのフェスティバルを廻り、各地で絶賛された。スロバキア、チェコではテレビ放映され、国民的人気作品として高視聴率を獲得した。その後彼は、2001年に著名な音楽家を輩出しているチェコの名門プラハ音楽院(Prague Conservatory)に首席で入学をした。現在、21歳。
彼の出演作品で観る事が出来たのは、ホロコーストから救われた10歳ユダヤ人の少年役の『Vsichni moji blízcí』と、『Král sokolu』だが、感想は後程。
とにかく美少年ブラノの、トーマスの頃の髪型は完璧と思う!!

THOMAS_THE_FALCONER-131.jpg

【出演作品】
1998年 『Wild geese alike』
1998年 『Vsichni moji blízcí』 「All My Loved Ones」(USA Title)
1999年 『Král sokolu』Thomas the Falconer (Europe: English title)
2000年 『Kruh』 「Circle」(International: English title)
2001年 『About Smith George』
2002年 『SMS girl』 (student-movie FAMU)
2002年 『At death time alone』
2003年 『Good boy』
2005年 『Rána z milosti』  (Czech TV)
2005年 『Tradesman』  (Czech TV)
2006年 『Swing time』  (Czech TV)
2005年 『Místo v životě』 [TV-Series]
2006年 『Tajemství Lesní zeme』 (Czech TV)
2006年 『The Red Baron』(Kinofilm opening 2007)

BranoOliver03.jpg

brano011.jpg

Profile
名前 = Braňo Holiček
出身地 = スロバキア コシツェ
生年月日 = 1985年8月14日
星座 = 獅子座
現居住地 = チェコ プラハ
両親 = Ľubica and Jaroslav
兄弟 = 兄Stanislav
瞳の色 = ブルー
髪の色 = ブロンド
身長 = 175cm
ペット = 犬の名前はベン
趣味 = スケボー、スノボー、他新しい何か・・・
楽器 = ギター
得意な授業 = 演劇
言語学 = 英語
好みの音楽ジャンル = スカ!レゲエ、ダブ、ファンキー、他
好きな食べ物 = ベジタリアン(2001年から)
好きな飲み物 = 紅茶
好きな色 = ブラック
好きな本 = ジョーゼフ・ヘラー著『キャッチ=22』「Catch-22」
好きなスポーツ = スノーボード
好きな俳優 = Ondřej Vetchý
好きな映画 = キューブリックの『フルメタル・ジャケット』『時計じかけのオレンジ』

Links
Welcome To Brano Holicek Official Page ・・・公式サイト
※写真や『Král sokolu』のサンプル動画、アルバム「KIK FLIP」の試聴ができます。この記事のProfile情報は、こちらのサイトからです。
DVD Best BRANO - KIK FLIP ・・・CDアルバム購入サイト
CD Album
KIK FLIP
1.Disco párty 2.Nádcha 3.Bazény 4.Slepá flautistka 5.Anča výnimočná 6.Body building 7.Cirkusový sen 8.Naša trieda 9.Tučná Mara 10.Zlodej písmien 11.Nočný mejdan 12.・・・
ラップありのポップ・ミュージックだが、とても可愛い!!サービス曲のラスト12曲目のクリスマス・ソングがロマンティックでお薦め。
FONTÁNA PRE ZUZANU 3
「Otec a mama」「Zuzu」の2曲参加。

ミュージカル劇「Oliver!」
BranoOliver01.jpg  BranoOliver02.jpg  BranoOliver05.jpg

TVショーでの写真。右端の彼はだいぶ大人っぽい。
brano002.jpg  brano004.jpg  brano007.jpg

THOMAS_THE_FALCONER-54.jpg

ikiram.gif気に入ったらこちら→ 洋画ランキング

Thema: 美少年 - Genre: 映画

【2007/03/05 04:49】 | Brano Holicek | Trackback(0) | Comment(35) | page top↑
オシーン・ジョーンズ 「夏の夜の夢」
オシーン・ジョーンズ Osheen Jones

AMND-05.jpg

ウィリアム・シェイクスピアの戯曲『夏の夜の夢』は、ロイヤル・シェイクスピア・カンパニー(RSC)出身の演出家エイドリアン・ノーブルの監督・脚本により映画化された。悪戯好きの妖精パックでお馴染みの夏の夜の夢』は、何度も舞台、映画化されている有名な喜劇であり、エイドリアン・ノーブル監督自身も、何度も舞台で演出をしてきたという。RSCからは、アレックス・ジェニングス(アテネの公爵シーシアスと妖精王オペロンの二役)らのメンバーが、参加している。この作品は、映像化された映画というより、舞台劇として演出され、原作に忠実に進行するが、架空の少年を配置して、彼の夢の中の出来事と設定し、独創的な作品となっている。
夢の中で、魔法と幻想の世界を目撃する少年役にオシーン・ジョーンズ。寝る前に読んでいた本『夏の夜の夢』の世界に入り込み、劇中、少年は傍観者として現れ、数々の出来事に、驚き、喜び、悲しみ、笑い、観客のように物語を楽しみ、彼もまたこの物語に参加するのだ。凄く愛らしいこの少年が喋る事は無いが、全身と表情だけの演技で、非常に濃厚な面々の中、存在感を残していた。

AMND-17.jpg

AMND-16.jpg

舞台劇であるが、映像は素晴らしく、妖精の住む国の天井から吊るされた電球、シャボン玉を使った幻想的なシーン、女王タイターニアの真っ赤な大きな傘のベットなどは、良く計算されて配置されたと思われ、色鮮やかで美しい。花の汁から作った媚薬を瞼に塗ることで、目覚めて最初に見たものに恋をするという妖精王オペロンの強力な魔法の薬。この薬をオペロンの指示で、妖精パックが仕掛けた事から騒動が起こるのだ。魔法の媚薬に運命を翻弄された恋人たちの森の中のシーンでは、セットらしきものは何一つ置かず、ドアからの行き来で、めちゃくちゃになってしまった4人の混乱を描く。もう一人、魔法の被害者の職人のボトムは、悪戯妖精パックに頭をロバにされてしまい、媚薬を塗られた女王に求愛されてしまうのだ。ボトムが女王とバイクに乗って、月夜を背景に妖精の国へ旅立つシーンもまた印象的で、後に乗る少年も楽しそうに手を振る。無事に魔法が解かれ、解決した恋人達の婚礼を祝いの席では、可愛らしいおもちゃの劇場の舞台で行われるボトムら職人達の芝居が、ハチャメチャながらも感動を与える。

AMND-11.jpg

AMND-10.jpg

夏の夜の夢』 A Midsummer Night's Dream
1996年 イギリス
監督 エイドリアン・ノーブル
出演 アレックス・ジェニングス(アテネ公シーシアス、妖精王オペロン) リンゼイ・ダンカン(ヒッポリタ、女王タイターニア) デズモンド・バリット(ボトム) バリー・リンチ(妖精パック、召使フィロストレイト) オシーン・ジョーンズ(少年) モニカ・ドーラン(ハーミア) ダニエル・エヴァンス(ライサンダー)ケヴィン・ドイル(ディミートリアス)エミリー・レイモンド(ヘレナ)

オシーン・ジョーンズ Osheen Jones
およそ1985年 イギリス
人気歌手ハワード・ジョーンズの息子。
【出演作品】
1996年 『夏の夜の夢』 A Midsummer Night's Dream
1998年 『The Sea Change』
1998年 『ベルベット・ゴールドマイン』 Velvet Goldmine
1999年 『The Scarlet Pimpernel』 [TV Series]
1999年 『タイタス』 Titus

AMND-01.jpg  AMND-02.jpg  AMND-03.jpg

AMND-06.jpg  AMND-07.jpg  AMND-09.jpg

AMND-12.jpg  AMND-13.jpg  AMND-14.jpg

AMND-15.jpg  AMND-18.jpg  AMND-20.jpg

★気に入ったら→洋画ランキング

Thema: 美少年 - Genre: 映画

【2007/03/02 11:15】 | オシーン・ジョーンズ | Trackback(0) | Comment(2) | page top↑
| Home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。