スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
罪深き天使たち
レジス・アルパン Régis Arpin

rejis-jslsdc1.jpg

※『罪深き天使たち』の感想記事はこちら


ikiram.gif 気に入ったらこちら→ 洋画ランキング
スポンサーサイト

Thema: 美少年 - Genre: 映画

【2007/05/31 02:30】 | レジス・アルパン | Trackback(0) | Comment(4) | page top↑
Aleksei Veselkin 「Radosti i pechali malen'kogo lorda」(小公子)
Aleksei Veselkin

LORD_SCN-100.jpg

フランシス・ホジソン・バーネットの名作「小公子」の映画化『Radosti i pechali malen'kogo lorda』はロシアの作品である。脚本家で監督のイワン・ポポフは長編映画第1作目『こねこ』で知られているが、この作品は監督の2作目の作品である。
 amazon こねこ

LORD_SCN-50.jpg

イギリスやアメリカが舞台の『小公子』が、ロシアでロシア語によっての映画化の本作、観る前はどうかな?と思ったが、主人公の小公子セドリック役のAleksei Veselkin、ドリンコート伯爵、母親のエロル夫人も優しさが溢れ美しく、弁護士ハヴィシャム・・・など、役柄に忠実な配役と思った。大作という程の作品ではないが、映像も美しく、ストーリも良く纏められ楽しんで観られた。
セドリック役の美少年Aleksei Veselkinは、とても綺麗な大きな瞳が印象的で、お人形さんのように愛らしい少年である。さぞかしヒバリのような可愛い声と思いきや、低めのハスキーな声である。その意外性に好感持った。

LORD_SCN18.jpg

LORD_SCN-16.jpg

[STORY] アメリカに住む活発で心優しく容姿端麗な少年セドリックは、母親のエロル夫人と質素であるが幸せに暮らしている。愛嬌があり誰からも好かれるセドリックは、靴磨きのディックや食料品屋のホッブス氏と仲が良かった。ある日、セドリックが家に帰ると見知らぬ男性がいた。彼は、亡くなったセドリックの父親セドリック・エロルの父親でイギリスのドリンコート伯爵の弁護士ハヴィシャムという男だった。セドリックの父エロル伯爵はドリンコート伯爵の三男で、アメリカの娘と結婚した為に勘当されていたのだが、他の2人の息子が亡くなってしまった今、ドリンコート伯爵の正式な後継者がセドリックだけとなってしまったのだ。そして、イギリスのドリンコート城へ母エロル夫人と出発する日、セドリックは友人達に別れの品をプレゼントし、見送られ旅立ったのだった。イギリスへ到着すると、彼は母エロル夫人と離れて暮らさなければならない事を知らされた。そうして母親と別れたセドリックはハヴィシャムに連れられ、ドリンコート城へ向かった。城の中は素晴らしく豪華で圧倒されるセドリックだが、礼儀正しい挨拶をし、城の召使の者達は皆彼の事が好きになった。初めて祖父のドリンコート伯爵に対面する時、セドリックは、非常に大きい犬ドゥガルを怖がる事なく友達になり、堅物で孤独な老人ドリンコート伯爵を恐れる事なく愛情込めて挨拶をした。セドリックの印象が思っていたのと全然違う為、この美しい孫に驚くドリンコート伯爵であった。明るく皆から好かれるセドリックだが、離れて暮らす母親に思い募らせていた。城を抜け出して母親に会いに行くこともあったが、セドリックの純粋さは次第に厳格なドリンコート伯爵の心を開いていくのである。そしてセドリックは村に住む足の不自由な男の子に寄付する為に仲良くなった子馬のハンニバルと別れをする事となり寂しくなるが、ある日セドリックは窓の外の子犬を見つけ、彼の一番の友達となる。晩餐会の日、物怖じする事なく受け答えをするセドリックは皆から歓迎され好印象を受けた。だがその晩、ドリンコート伯爵の長男の妻と名乗るミナという女性とその子供が現れた。自分の息子がこの城の正式な後継者と言うミナによって、セドリックと母エロル夫人は身を引く事にし、城から出て行ってしまった。だが弁護士のハヴィシャムは、ホッブス氏を呼び寄せ、ミナの嘘を暴くのであった。アメリカに帰り、靴みがきをしながら生活をするセドリックだったが、ある日、彼を探していた祖父のドリンコート伯爵が会いに来たのだ・・・。
(※多少のズレはあるかもしれません)

LORD_SCN-42.jpg

LORD_SCN-70.jpg

LORD_SCN-99.jpg


『Radosti i pechali malen'kogo lorda』・・・原題
International: English title:『Little Lord Fauntleroy 』
2003年 ロシア (日本未公開作品)
監督 イワン・ポポフ (Ivan Popov)
原作 フランシス・ホジソン・バーネット (Frances Hodgson Burnett)
[出演]
Aleksei Veselkin ・・・セドリック
Stanislav Govorukhin ・・・ドリンコート伯爵
Olga Budina ・・・母エロル夫人
Oleg Shklovsky ・・・弁護士ハヴィシャム
Nikolai Volkov ・・・執事ジェームス
Sergei Gazarov ・・・ホッブス氏
Yelena Khmelnitskaya ・・・ミナ
Yekaterina Vasilyeva ・・・ロリデール夫人

 Links
 IMDb: Radosti i pechali malen'kogo lorda (2003)
 DVDigitall.com: Little Lord Fauntleroy ・・・DVD購入はこちら

LORD_SCN-2-1.jpg    LORD_SCN-2-2.jpg    LORD_SCN-2-3.jpg

LORD_SCN-2-4.jpg    LORD_SCN-2-5.jpg    LORD_SCN-2-6.jpg

LORD_SCN-2-7.jpg    LORD_SCN-2-8.jpg    LORD_SCN-2-9.jpg

LORD_SCN-2-10.jpg    LORD_SCN-2-11.jpg    LORD_SCN-2-12.jpg

Aleksei Veselkin
ロシア 1990年8月15日生まれ (現在16歳)
【出演作品】
2003年 『Radosti i pechali malen'kogo lorda』
2003年 『Moskva. Tsentralnyy okrug』 [TV-Series]
2004年 『Neznaika i Barrabass』 [アニメ]


 気に入ったらこちら→ 洋画ランキング

Thema: 美少年 - Genre: 映画

【2007/05/23 23:46】 | Aleksei Veselkin | Trackback(0) | Comment(7) | page top↑
ジェレミー・サンプター 「インターネット/甘い誘惑」
ジェレミー・サンプター Jeremy Sumpter

CyberSeduction04.jpg

なかなか観れないだろうと思っていたジェレミー・サンプターの作品『Cyber Seduction: His Secret Life』が、邦題『インターネット/甘い誘惑』でスター・チャンネルで放映されます。5月11日、17日と放映され、次回放映は5月24日(木)11:20~13:00, 5月28日(月)7:00~8:30
Youtube動画で少し観ることができたが、やはりちゃんと観れるのは嬉しい。ホワホワ髪と睫がクルッとカールしたキュートな目元が印象的なジェレミーがちょっと大人っぽくなりドキッとさせるが、チャームポイントと思う人懐っこそうな笑顔は変わらずに可愛い。この作品ではピーター・パンの無邪気な少年とガラッとイメージは変わり、インターネットのポルノサイトに嵌っていく高校生ジャスティンを演じる。

CyberSeduction06.jpg

10代の若者のインターネットの危険性を描いた作品と思うが、1時間40分程の作品だから、展開は早い。悪友に勧められたポルノサイトに、最初は好奇心から、次第に夢中になって行く。水泳チャンピオンの彼は周囲の人々から期待される優等生だし、温かい家族と可愛らしい彼女もいて、なぜ?と思わせるが、彼がポルノサイトに嵌る環境や経緯はありがちな設定でもある。クリスチャンの彼女エイミーからは「する時は感動的にね」とおあずけを喰らう彼が夢中になるのは、ポルノサイトの上級生モニカである。そして、彼がネットでポルノを見ているのをすぐに気付く母親だが、思春期の男子ならとあまり気にしない父親。であるが、母親は神経過敏に反応する。これが返って自体を悪化させる要因の一つと思った。息子を心配する彼女なりに、ポルノ常習の怖さを真剣に取り組んではいるものの、インターネット禁止、外出禁止となれば火に油を注ぐようなもの。「この家に持ち込まないで!」と全拒絶。悪友からは変態扱いされ、水泳優勝者の座からも落ち、拠り所がポルノサイトとは切ないが、そんな歯止めが利かなくなった彼が、想像力で誘惑されていた目的のモニカを目の前にして、やっと我に返り、今までの情熱があっけなく冷めるのである。好奇心旺盛の思春期の子を無理やり否定や拒絶されれば逆効果と思った。こうなった以上、行き着く所まで気が済むまでやって初めて学ぶというのも、人生を棒に振ってしまう危険性を伴うと思うが。ジャスティンの場合、転落せずに戻って来られるのは、母親の彼への強い愛情と、家族や大切な彼女の存在があったからか。そして、弟のアレックスは驚きと興味を持つが、兄を慕う彼は、気味悪く否定する事なく事態を冷静に捉える、周囲では一番大人に思えて好感持った。

CyberSeduction05.jpg

『インターネット/甘い誘惑』 Cyber Seduction: His Secret Life
2005年 アメリカ (TV)
監督 トム・マクラフリン (Tom McLoughlin)
出演
ジェレミー・サンプター (Jeremy Sumpter) ・・・ジャスティン・ピーターセン
ケリー・リンチ (Kelly Lynch) ・・・ジャスティンの母親
リンゼイ・フォンセカ (Lyndsy Fonseca) ・・・エイミー
ジェイク・スコット (Jake Scott) ・・・弟アレックス
ニコール・ディッカー (Nicole Dicker) ・・・モニカ

CyberSeduction01.jpg  CyberSeduction02.jpg  CyberSeduction03.jpg

ジェイク・スコット Jake Scott
弟のアレックス役の彼もなかなか可愛い子です。
 Jake Scott - Moviekids.org
JakeScott01.jpg

 『ピーター・パン』の感想記事はこちら
 『ピーター・パンの少年達』ロストボーイズについての記事はこちら
 ジェレミー・サンプターの前記事はこちら

CyberSeduction07.jpg

 そして素敵なサイト様の紹介です!ジェレミー・サンプターの日本のファンサイトです。ピーター・パンで時が止まってしまった彼の今を知りたいジェレミーファンの方は多いと思います。ジェレミーの新たな魅力を発見できます。ピーター・パン前のジェレミーも凄く可愛い!!
 ジェレミー・サンプター☆私のアイドル

ikiram.gif 気に入ったらこちら→ 洋画ランキング

Thema: 美少年 - Genre: 映画

【2007/05/19 03:29】 | ジェレミー・サンプター | Trackback(0) | Comment(3) | page top↑
ジェレミー・ジェームズ・キスナー
ジェレミー・ジェームズ・キスナー Jeremy James Kissner



※ジェレミー・ジェームズ・キスナーについてはこちら
ikiram.gif気に入ったらこちら→ 洋画ランキング

Thema: 美少年 - Genre: 映画

【2007/05/04 02:37】 | ジェレミー・ジェイムズ・キスナー | Trackback(0) | Comment(5) | page top↑
| Home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。