スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
雑記
いつもご訪問ありがとうございます。
管理人の諸事情により更新が滞っていることをお詫びします。
当ブログは、映画好きの管理人が銀幕の中で永遠に輝き続ける美少年たちに注目し、カタログ(図鑑)のように紹介していくことを趣味の一環として始めました。その後、沢山の方々にご訪問いただき嬉しく思います。

映画が公開されていない為、日本では知られてない美少年たちも紹介してきました。情報が入りにくく俳優たちのその後や現況が分からないことも多いです。若い時期の映画出演のため、その後スクリーンに戻らないことも多いです。
また、ファンレター先などの捜索ができないことがあります。調べられる範囲で記事にしましたが、今後の情報更新は管理人の事情により難しいです。いろんな意味で中途半端なサイトになってしまっていることが残念ですが。

映画の中の美少年を探すとなると主にヨーロッパ方面へと検索をしますので、言語が分からず映画を観るということもありますが、なんとか感想を書いております。意味の分からない記事になっているのもあるかと思います。でも映像で観れるのは大変嬉しいことです。観れない場合も多々ありますので。

映画の中の少年は、架空の世界にいるからこそ魅力的だと思います。私達が作り上げた彼らのイメージは映画の中だけに留めておくのが良いでしょう。
少女は既に女性の美しさをもっています。男性の美しさではなく女性でもなく中性的な人の美しさを持つ少年期はとても短いです。人間離れの時期(天使かなにか)だからこそ貴重ですし、より美しく見えるのだと思います。

映画の中の美少年というと、この人のここが好きとか、この人苦手とか好みが分かれますね。管理人は「僕の村は戦場だった」のニコライ・ブルリャーエフが演じたイワンに心を奪われました。映画が素晴らしいからこその演技、ロシア語の響き、喋り方などが自分的にはつぼだったということです。

それでは、究極の美少年となると誰なのか。
やはり、ビョルン・アンドレセンじゃないでしょうか。日本人である私達が西洋の美しい王子様を想像して、そのまま姿になったような美少年と思います。「ベニスに死す」のタッジオは、天使のような美しい容姿に品の良さが見てとれます。妖艶で魔性さに魅力も感じます。彼を超える美少年はそうは現れないでしょう。
個人的には、竹宮惠子の漫画「風と木の詩」のジルベールのような美少年はいないものかと思います。

今後、いつになるか分かりませんが記事を書けたらと思います。
スポンサーサイト
【2010/05/04 06:33】 | Others | Trackback(0) | Comment(17) | page top↑
| Home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。