スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
Iakov Kultiasov 「King of Thieves」
Iakov Kultiasov

KING_OF_THIEVES-0.jpg

[ STORY ]
ウクライナの小さな村で暮らす10才のバルブー(Barbu)は、13才の姉のミマ(Mimma)と小規模のサーカスを披露していた。ある日、有名なサーカスアーティストのカルーソー(Caruso)が村にやって来る。バルブーは、姉のミマと共にカルーソーのサーカス団に入る取引が行われた。ドイツへ出発するが、国境で捕まり送還されてしまいそうになるが、バルブーは隠れ一人カルーソーの後を追った。ベルリンに到着した彼はカルーソーのサーカス団に入ることになるが、実状は数人の子供達に窃盗の教育をする施設であった。バルブーは同室の少年マルセル(Marcel)と友達になり、ここでの生活の術を教えてもらう。そしてジュリーとも親しくなった。彼女はカルーソーの友人で、かつて綱渡りのエースだったが怪我を負ってしまった事から、今は薬に溺れていた。また、国境で送還された筈のミマは、カルーソーのポーカーの賭けによって売春宿を経営するカーディナル(Kardinal)のに売られてしまう。マルセルの姉のビアンカもまた、売春婦の仕事をさせられていたのだ。マルセルは、カルーソーに渡さなければならない盗品の一部を靴に隠し貯めていたのだが、ある日カルーソーの仲間に気付かれてしまう。彼はバルブーに隠し場所と銃を渡し、次の日カルーソーの仲間に連れて行かれてしまった。バルブーは彼の姉のビアンカに会いマルセルが貯めていたお金を彼女に渡すが、彼女からミマがカーディナルに売られた事を聞く。バルブーは銃を手にしミマを助けに行くが、彼らに殴られてカルーソーの下に戻されてしまった。バルブーはミマと逃げる為に、カルーソーの隠し場所からお金を盗みミマを助けに行くが、見付かってしまい廃棄処理場に捨てられてしまった。バルブーは保護されるが、そこでマルセルが殺された事を知った。彼は保護施設を抜け出すがお金を盗まれたカルーソーに捕えられてしまう。ジュリーが現れカルーソーを撃ち、ミマを助けるのに成功するが再び現れたカルーソーの銃弾にジュリーは死んでしまった。ジュリーを撃ち、立ち竦むカルーソーはバルブーとミマを逃がすのであった。

KING_OF_THIEVES-25.jpg

KING_OF_THIEVES-39.jpg

作品の舞台は現代のドイツ、ベルリン。近郊の国の貧しい子供達を買い取り、窃盗や売春を強要させるという残酷な物語である。バルブーを演じたIakov Kultiasovの演技は見事である。サーカスキングを夢見る彼の興奮したパフォーマンスは素晴らしい。無垢な少年はかつてのサーカススターのカルーソーの残忍性をすぐに認めません。ロシア語を話しドイツ語を話せないバルブーは、彼が零落れたサーカスを立て直す為にお金を蓄えているのと信じます。悪党のカルーソーがほんの少し見せる人情も見所である。夢の世界と薄暗い現実が交差して物語は進行する。小規模の作品ながら、映像、俳優の演技、音楽が素晴らしく傑作と思った。

KING_OF_THIEVES-6.jpg

KING_OF_THIEVES-29.jpg

『King of Thieves』 原題/König der Diebe
2004年 日本未公開作
言語 ドイツ語
製作国 ニュージーランド、ベルギー、ドイツ、スロバキア、オーストリア、チェコ共和国、フランス、スロベニア
監督 Ivan Fíla
出演
Iakov Kultiasov ... Barbu (as Yasha Kultiasov)
Lazar Ristovski ... Caruso
Katharina Thalbach ... Julie
Julia Khanverdieva ... Mimma
Oktay Özdemir ... Marcel
Paulus Manker ... Kardinal

KING_OF_THIEVES-1.jpg  KING_OF_THIEVES-10.jpg  KING_OF_THIEVES-16.jpg

KING_OF_THIEVES-19.jpg  KING_OF_THIEVES-21.jpg  KING_OF_THIEVES-31.jpg

※『King of Thieves』のビデオを作りました。
17.gif König der Diebe 17.gif

 Youtube sopranow Channel ・・・sopranoの投稿ビデオはこちらから
ikiram.gif 気に入ったらこちら→ 洋画ランキング
スポンサーサイト

Thema: 美少年 - Genre: 映画

【2007/06/22 17:16】 | Iakov Kultiasov | Trackback(0) | Comment(5) | page top↑
<<プロヴァンス物語/マルセルの城 | Home | フランスの友だち>>
Comment
製作国がこれだけそろうということは大ヒットを前提に製作されたのでありあましょう。この少年もそうですが、ただ「目鼻顔立ちがそろっている」だけでなく、なんらかのパフォーマンスができなければ、役者として銀幕で活躍するのは不可能なんですね。名前で判断するともともとロシア人なのかな。

「哀愁の貴公子」といったところでしょうか。最終的な結末は悲劇が似あっているような気がします。
【2007/06/23 20:53】 URL | インド象 #mQop/nM.[ Edit] | page top↑
インド象様

こんにちは。
いつもコメントありがとうございます。
この映画に関わった国の多さは驚きです。作品自体は小規模な感じだったので・・・。主役のIakov Kultiasovは、ロシア出身だとしか分かりませんでした。彼は小さな少年ですが、非常な存在感を残します。
【2007/06/25 06:20】 URL | soprano #JalddpaA[ Edit] | page top↑
初めまして。楽しく覗かせていただいております。
この子は私のドイツ人のパートナーの小さい時に何となくそっくりです。
でもロシア出身なのですね。
こちらのBlogは私の趣味のドール作りの時の参考にさせていただいております。
瞳の色、髪の色、顔のパーツの位置やイメージ。
アジア人には無い危うさたっぷりの美少年にうっとりです。
楽しみにしております。
【2007/07/08 19:28】 URL | Sani #vqm8JHu.[ Edit] | page top↑
初めまして。
ご訪問、コメントありがとうございました!!
彼はロシア人ですが、エキゾチックな顔立ちで国籍不明な感じがします。
Saniさんはドール作りをなさってるんですね。ここのブログを参考にして頂いて嬉しく思います。
そうですよね。欧米の子は瞳の色も髪の色も様々で、素敵ですね。
【2007/07/09 00:34】 URL | soprano #JalddpaA[ Edit] | page top↑
このコメントは管理者の承認待ちです
【2007/08/07 01:01】 | #[ Edit] | page top↑
Comment












管理者にだけ表示を許可する

Trackback
Trackback URL
http://white1111111.blog84.fc2.com/tb.php/123-609dd970
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| Home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。