スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
Marc Lubosch 「Gritta von Rattenzuhausbeiuns」
マルク・ルボシュ Marc Lubosch

FLIMMERSTUNDE_2-8.jpg

活発で賢明な13歳の少女グリッタ (Gritta) が主人公のコメディ、冒険、ファンタジー作品『Gritta von Rattenzuhausbeiuns』
[ STORY ]
13歳の少女グリッタ (Gritta) は、多くのネズミと共に廃れた古い城で父親と使用人と3人で暮らしている。(母親はずっと昔に亡くしている。)発明家の父親は、国王の為の機械を発明しているのだった。グリッタと使用人を使ったこの機械のテスト最中、出て行ってしまった父親は子供達を引き連れた王女 (Anna Bollena Maria Nesselkrautia) に出会います。王女を城に招待した父親ですが、グリッタは彼女と気が合いません。グリッタは、村の少年ピーター (Peter) が好きなのだが、王女は身分の違いから二人の仲を反対するのだった。ある日知事 (Pekavus) が現れます。彼は王女の財産目当てで結婚したいと思っている。彼を退散させた後、父親と王女は結婚します。今やこの城の決定権を持つ王女はグリッタを修道院の学校へ行かせます。厳しい規則の生活は野性的な少女グリッタにとって嫌なものであった。ある日グリッタは、知事と修道院が組んで金儲けをしている事を知ります。そして、グリッタは他の女の子に警告をし、彼女達と修道院から逃げ出します。湖畔に建つ荒廃した小屋に女の子達は避難します。そこに、王子(国王の息子)が現れた。そしてグリッタは知事の陰謀を彼に話すのだった。この隠れ場所にも危機が迫り、彼女らと別れたグリッタは城に戻ります。だが城は崩壊し、グリッタは避難していた父親達と再会します。そして、父親が発明した“王座-救出-機械”を運んでグリッタ達は王の宮殿に向かいます。グリッタに好意を持つ王子の手助けで城に潜入できたが知事に王、王子、グリッタは監禁されてしまう。王のフリをした知事はグリッタの父親の発明した“王座-救出-機械”を試用しますが、彼はパラシュートの狙いを定めるのを忘れ、宮殿から飛び出してしまった・・・。知事がいなくなったので、単独で統治しなければならない国王は初の女のアドバイザーにグリッタを指名します。

FLIMMERSTUNDE_2-17.jpg

FLIMMERSTUNDE_2-13.jpg

FLIMMERSTUNDE_2-47.jpg

DVDは英語字幕さえないドイツ語だったので、何となくしか理解出来てませんが、20年以上前の作品と思えない程、古さは全く感じられず、ユーモアのある可愛い作品と思う。衣装が素敵で、特に主人公のグリッタ (Gritta) を含めた女の子達の服装、髪型が可愛い。賢明な主人公のグリッタ (Gritta) 役の Nadja Klier は凄くキュートでかっこよくて好感持った。ですが彼女の出演作はこの1作だけで、現在はフォトグラファーとして活躍しているようだ。そして、グリッタのボーイフレンドのピーター (Peter) を演じたマルク・ルボシュ (Marc Lubosch) は、金髪が素敵で爽やかでハンサムな美少年である。彼も現在は俳優活動を止め、カメラマン、照明の製作側として業界に携わっているようである。

FLIMMERSTUNDE_2-15.jpg

FLIMMERSTUNDE_2-28.jpg


FLIMMERSTUNDE_2-16.jpg

FLIMMERSTUNDE_2-7.jpg

『Gritta von Rattenzuhausbeiuns』
原題:Gritta vom Rattenschloß
1985年 東ドイツ / 日本未公開作
原作 Christa Kozik
監督 ユルゲン・ブラウアー Jürgen Brauer
出演
Nadja Klier .... Gritta
Hermann Beyer .... Gritta's father
Suher Saleh .... Anna Bollena Maria Nesselkrautia
Fred Delmare .... Kuno Gebhardt Müffert
Marc Lubosch .... Peter
Wolf-Dieter Lingk .... Pekavus
Peter Sodann .... King
Ilja Kriwoluzky .... Prince Bonus

FLIMMERSTUNDE_2-2.jpg   FLIMMERSTUNDE_2-6.jpg   FLIMMERSTUNDE_2-11.jpg

FLIMMERSTUNDE_2-22.jpg   FLIMMERSTUNDE_2-24.jpg   FLIMMERSTUNDE_2-25.jpg

FLIMMERSTUNDE_2-29.jpg   FLIMMERSTUNDE_2-32.jpg   FLIMMERSTUNDE_2-46.jpg

FLIMMERSTUNDE_2-49.jpg   FLIMMERSTUNDE_2-34.jpg   FLIMMERSTUNDE_2-36.jpg

FLIMMERSTUNDE_2-39.jpg   FLIMMERSTUNDE_2-40.jpg   FLIMMERSTUNDE_2-45.jpg

FLIMMERSTUNDE_2-41.jpg   FLIMMERSTUNDE_2-42.jpg   FLIMMERSTUNDE_2-44.jpg

マルク・ルボシュ Marc Lubosch
ドイツ、1972年生まれ
[ Filmography ]
俳優 (Actor)
1984年 『Das Eismeer ruft』 (uncredited)
1985年 『Gritta von Rattenzuhausbeiuns』
1987年 『Stielke, Heinz, fünfzehn』
1989年 『Grüne Hochzeit』
1999年 『Life in a Day』 (TV)
製作 (Camera and Electrical Department)
2002年 『Der Ausgestopfte Mohr』 (TV)
2002年 『Die Datsche』
2005年 『Almost Heaven』
2005年 『SOKO Wismar』 (TV Series)
2006年 『Väter - Denn sie wissen nicht was sich tut』 (TV)


ikiram.gif 気に入ったらこちら→ 洋画ランキング
スポンサーサイト

Thema: 美少年 - Genre: 映画

【2007/07/10 22:51】 | Marc Lubosch | Trackback(0) | Comment(6) | page top↑
<<ザック・シェイダ - Zack Shade | Home | アラン・エムリー 「白い馬」>>
Comment
美少年には東西対立がなったことを証明してくれる名作ですね。汚れなき少年と少女です。それはそうとこの情報をいかにして入手されたのでしょうか。管理人さんは輸入DVDを扱う商社に勤務されいるとか。

ブラノ・ホリチェクの輸入DVDに関してですが、彼が中世を舞台とした作品に出演したおりのDVDコーナーは、外国の販売店(?)アドレスが記入されています。私はこういうことに慣れていないのですが、DVDの登録番号を控えて、日本の商社に照会しなければいけないのか、はたまたネット上で注文できるのか、教えていただければ幸いです。また外貨を準備しなければならないのでしょうか。

実はあるサイトで管理人さんが開設されたこのblogにかんするコメントを何度か記入したことがあります。

http://www.geocities.jp/ikukotse/

管理人ikukoさんも私もこちらblogの大ファンです。一度訪問されてはいかがでしょうか。オソメチックシネマさんには、もう紹介済みです。
【2007/07/12 17:57】 URL | インド象 #mQop/nM.[ Edit] | page top↑
こんにちは。
いつもコメントありがとうございます。
ここで紹介している未公開作品の美少年情報は、ここでもリンク貼っている海外サイトからです。中でも"Boy Actors of Europe"はヨーロッパの男の子の俳優が4000人位の顔写真、情報が見れます。
http://www.puer.to/bae/
DVDは地味にネットで検索して、海外のDVDショップサイトで購入してます。visaかmaster cardのクレジットカードがあれば、大抵はどこでもオンラインで購入できます。Brano Holicek のDVDは言語が分からなくて苦戦しましたが、ここもオンラインのネットショップなので大丈夫です。Brano Holicek コメント欄に購入方法を書きましたので良かったら参考にして下さいね。
http://white1111111.blog84.fc2.com/blog-entry-77.html#comment-top
それから、ここを紹介して下さったようで、大変嬉しく思います。
リンクのご紹介頂いたサイト様には、後でお邪魔させて頂きますね。
【2007/07/13 04:23】 URL | soprano #JalddpaA[ Edit] | page top↑
このコメントは管理者の承認待ちです
【2007/07/31 03:58】 | #[ Edit] | page top↑
こんにちは!sopranoさん。
ちょっとお聞きしたいんですが、この映画や、ヨーロッパ系の映画DVDって、どうやってご覧なってるんですか?
日本とヨーロッパはリージョンは同じだけど、映像形式が異なるから観れないし、
PCで観るにしろ多分、そう何回も地域設定(でしたっけ?;)は変更できないはずですが…。
いつもそれを不思議に思ってました(笑)
私もインド象さんのようにsopranoさんがDVDを扱うお仕事をされてるんじゃないかと思ってましたよ^^;
【2007/08/23 12:51】 URL | Yuko #-[ Edit] | page top↑
Yukoさん

こんにちは。
お久しぶりです。
ご訪問、コメントありがとうございます!!
いえいえ、とんでもないです。ただの趣味でDVDを購入している者です。
ここで紹介した海外のDVDのほとんどはヨーロッパなので、日本と同じリージョン2なので普通に観る事ができます。ですがアメリカ、カナダ製のDVDはリージョン1なので再生できないんですよね。リージョンフリーDVDプレイヤーというのもあるようですが、私の場合はPCのリージョンフリーソフトを使用してます。
いろいろあるようなので、必要があれば、"リージョンフリー DVD" で検索で調べてみて下さいね。
【2007/08/26 15:53】 URL | soprano #JalddpaA[ Edit] | page top↑
sopranoさん、お返事ありがとうございます!
ヨーロッパのDVDはリージョン2でも観れるんですか!知りませんでした!映像方式というのはPCでは関係ないんですかね?まぁ、とにかく今度試してみます!^^
私はPCをリージョン1にしていて、アメリカDVD専用になってしまってるので、日本で観れるものはDVDプレーヤーで観てるので、
逆にヨーロッパのものが観れないんですよ。^^;
リージョンフリーソフトなるものがあるとも知りませんでした。(電子機器にはそれ程詳しい方ではないので…^^;)
今度電気屋さんで調べてみようと思います。
色々と情報をありがとうございました!!参考になりました!^^
【2007/08/27 11:46】 URL | Yuko #-[ Edit] | page top↑
Comment












管理者にだけ表示を許可する

Trackback
Trackback URL
http://white1111111.blog84.fc2.com/tb.php/128-37f018a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| Home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。