スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
エーミールと探偵たち
トビアス・レツラフ Tobias Retzlaff

『飛ぶ教室』『ふたりのロッテ』『点子ちゃんとアントン』などの児童文学で知られるドイツのエーリヒ・ケストナー原作の映画化作品『エーミールと探偵たち』

emil_und_die_detektive-2.jpg

[STORY] 12歳の少年エーミールは、両親が離婚していて失業中のパパと二人で暮らしている。今年の誕生日も離れて暮らすママから手紙と500マルクをプレゼントされたがエーミールは浮かない様子。パパはそのお金を大学資金にと貯金するように言うが貯めたお金1500マルクもあれば何でも買えるとエーミールは不満だった。そしてある日担任のフンメル先生にパパの仕事を紹介してもらうが、パパは車で事故を起こし、さらにスピード違反の免停になってしまった。パパは入院してしまい、エーミールはその間ベルリンに住むフンメル先生の妹の家に行く事になった。フンメル先生の妹は牧師で息子のグスタフと二人暮らしである。エーミールはパパが就職したのに運転免許が無い為に失業してしまうのではないかと不安でたまらなかった。大事なお金1500マルクを手にベルリンへ向かう列車の中、エーミールは吸血鬼のような男グルントアイスと合い席になった。彼から偽装免許証の話を持ち掛けられた。エーミールの全財産1500マルクで偽装免許証を売人から買うという紹介されるが、グルントアイスにエーミールは眠らされそのお金の1500マルクを盗まれてしまう。気付いたエーミールはベルリンの街中でグルントアイスを追いかける途中でポニーという元気な女の子に出会った。彼女はエーミールがお金を盗まれた事を聞き彼に協力をすると言う。偽装免許証の取引の件もあるから警察には届けられない。ポニーは助っ人にと仲間をエーミールに紹介する。ブレークダンスの達人のケバブ、マンガ好きのクルムビーゲル、ストリートキッズで双子の女の子達フェーとエルフェー、運動神経抜群のフリューゲル、お金持ちのディーンスタークと犬のロッテ、大家族で育ち、口が達者で生意気なジプシー。彼らは中世の酒造場を秘密基地にしていてそこで作戦会議をするのだった。ジプシーがエーミールの代わりにフンメル牧師家に行く事になった。エーミールと、ポニー率いるキッズ探偵達はグルントアイスを尾行し彼が宿泊するホテルまで突き止めた。実はグルントアイスはエーミールのお金を盗んだだけでなく、ホテルの客の金品を狙った泥棒であったのだ。はたして彼らは悪党グルントアイスからエーミールのお金を取り返す事ができるのか・・・。

emil_und_die_detektive-1.jpg

舞台は現代のベルリン、原作からは設定の変更もあるが。エーミールを助ける女の子ポニーの活躍ぶりは良かった。『飛ぶ教室』でもそうだったが、男の子達の中にあってリーダー格で男勝りで賢く活発な女の子は作品に程よくスパイスを与えてくれる魅力的な存在と思う。また、探偵たちの中ではジプシーのコミカルさが気に入った。彼はエーミールに成りすましてフンメル牧師家を訪れる。フンメル牧師の息子グスタフは図々しい態度の彼を嫌うが次第に仲良くなり、最後にはその天才的頭脳が探偵たちに加わるといった個性的キッズ達のテンポ良い面白さもある。エーミールは真面目で田舎臭い少年だが優しく父親思いで芯の強さがあり、両親の離婚問題で悩むポニーも彼に打ち解けられるのだった。演じたトビアス・レツラフは純真な主人公に適役と思った。作品は少々物足りない感もあったが子供向け映画と素直な感覚で観れば楽しめる。ドイツ語のイントネーションも結構好きである。ベルリンの現代っ子の溌剌とした元気の良さが好感の、ポップな可愛い作品と思った。

emil_und_die_detektive-9.jpg

emil_und_die_detektive-10.jpg

『エーミールと探偵たち』 Emil und die Detektive
2001年 ドイツ
監督・脚本 フランツィスカ・ブッフ (Franziska Buch)
原作 エーリッヒ・ケストナー (Erich Kästner)
出演
トビアス・レツラフ (Tobias Retzlaff) ・・・エーミール
アンニャ・ゾマヴィラ (Anja Sommavilla) ・・・ポニー
ユーゲン・フォーゲル (Jürgen Vogel) ・・・グルントアイス
マリア・シュラーダー (Maria Schrader) ・・・フンメル牧師
カイ・ヴィージンガー (Kai Wiesinger) ・・・エーミールのパパ
ルドルフ・コヴァルスキー (Rudolf Kowalski) ・・・フンメル先生
マクシミリアン・ベフォルト (Maximilian Befort) ・・・ジプシー
ダーフィット・クロック (David Klock) ・・・グスタフ
マウリス・クマール (Maurice Kumar) ・・・ケバブ
トビアス・ウンカウフ (Tobias Unkauf) ・・・ディーンスターク
アニカ・シュルツ (Annika Schulz) ・・・フェー
アニタ・シュルツ (Anita Schulz) ・・・エルフェー
セルゲイ・モヤ (Sergej Moya) ・・・フリューゲル
ティム・ハンゼン (Tim Hansen) ・・・クルムビーゲル

emil_und_die_detektive-7.jpg   emil_und_die_detektive-12.jpg   emil_und_die_detektive-13.jpg

※『飛ぶ教室』についての記事はこちら
ikiram.gif 気に入ったらこちら→ 洋画ランキング
スポンサーサイト

Thema: 美少年 - Genre: 映画

【2007/09/08 22:05】 | トビアス・レツラフ | Trackback(1) | Comment(7) | page top↑
<<Remy Thorne | Home | モンド ~海をみたことがなかった少年~>>
Comment
オハヨウございます!
更新、首を長~くして待っておりましたw

「エーミールと探偵たち」は私が初めてドイツの子供向け映画と言う事を意識して観た映画です。続けて「飛ぶ教室」を観ました。撮影当時はラップが流行ってたんでしょうか?(笑)最初は「え?ラップ…?」って感じでしたがドイツ語のラップも悪くなく何度もリピートしてみたりw子供たちが可愛いだけではなくカッコ良くイキイキとしてて観た後にスッキリ爽快にさせてくれるような、私の好きなタイプの映画でした。

この映画でお気に入りはフリューゲルを演じたセルゲイ・モヤ君なんですよ~(やっぱり私は変わってる?笑)歯の矯正とメガネはずして髪型変えたら絶対カッコいいって思ってたんですがやっぱりそうでした!19歳になった彼は超美形ではないけれど素敵に成長してましたvvv
【2007/09/09 07:06】 URL | なつき #f7BQM9gQ[ Edit] | page top↑
☆なつきさん
こんにちは。
いつもご訪問、コメントありがとうございます!!
久しぶりの更新記事になってしまいました・・・読んで下さってありがとうです。
「飛ぶ教室」もそうでしたが現代版映画化という事で、ラップは現代っ子らしいという点で使われるんでしょうね。私もドイツ語の発音は何となく好きなカンジでラップも良かったです^^
メガネに歯の矯正といったらもしかしたらグスタフ役のダーフィット・クロックかディーンスターク役のトビアス・ウンカウフですか?なつきさんの好みは未だ掴み取れずに神秘的です。私は大抵、ど真ん中好みの分かりやすいんですが・・・脇役に目が行ってしまう事もしばしばです。この作品ではジプシーが気に入ってます。
【2007/09/09 22:07】 URL | soprano #JalddpaA[ Edit] | page top↑
わわ…すみません!とんだ間違いをしてしまいました(汗)“フンメル先生の妹は牧師で息子のグスタフと二人暮らし”って記事にも書いてあるのに何で間違えちゃったんだろう…
セルゲイ・モヤで検索して何の疑いも無く見てました…ダーフィット・クロック、さっき検索してみましたが画像が出て来ませんでした;どんな子になったのかな~w

sopranoさんの好みはだいたい分かりましたよ~♪そう言われてみると私の好みってバラバラですね。いつも気になる子はほぼ脇役のちょっと変わった雰囲気のある子、ビジュアルはその次ですwアーロンも最初からトムとトーマスを観ていたらそんなに気にならなかったかもしれません、単に可愛い子だな~くらいで終わってたかも(笑)初めて見たのはシャンハイ・ナイト、脇役のアーロンですしw

ジプシーのお風呂のシーンが面白かったです!
【2007/09/09 23:32】 URL | なつき #f7BQM9gQ[ Edit] | page top↑
☆なつきさん
こんばんは。
グスタフ役のダーフィット・クロックでしたか^^
私も調べてみましたが現在19歳のようですが、最近の画像は無かったので、成長ぶりは気になります。私もこの映画の中ではグスタフとジプシーのやりとりが一番好きでした。あと、フリューゲル役のセルゲイ・モヤは出演シーンは少なかったけど結構良いと思いました。先程現在の彼の画像見ましたら大人~に成長してました。
映画にしても私のように正統派好きはつまんない人かな~と思うところもあるので、いろんな見方や好みがあるのは素敵ですね!!でも入り方は違ってもなつきさんとは同じアーロンファンという事で嬉しいです^^
私も先日「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」を観ました!ライアン・ネルソン君をずっと探してました^^セリフは少なかったのでちょっと残念ですが・・・彼はアーロンよりは大人しくて可愛いカンジですね。でも雰囲気は似てました。「トムとトーマス」はアーロンと思ってたのが彼だったりしているのかと思うと、どっちがどっちだか・・・もう一度ちゃんと判別してみようかなと思ってます。
【2007/09/10 01:09】 URL | soprano #JalddpaA[ Edit] | page top↑
小学生時代は愛読書のひとつでした。集合写真を見ながら、マスクや体型といい、服装といい、物語に適していると思いました。子役の少年少女だけでなく、犬がいいですね。きっと慧眼なプロデューサーに選ばれたのでしょう。
【2007/09/13 18:13】 URL | インド象 #mQop/nM.[ Edit] | page top↑
☆インド象さん
こんにちは。
いつもコメントありがとうです!!
この映画を観たのは結構前になりますが、原作本は未だ読んでないんです・・・。
出演者が適しているとは良いですね!原作と違うと幻滅することも多いですから。
【2007/09/16 04:59】 URL | soprano #JalddpaA[ Edit] | page top↑
はじめまして♪
いつも素敵なブログだなぁ~と拝見しておりました。
ケストナーの作品は小学生時代に読みました。
かわいい子役達が奮闘して映画で頑張っている姿を見てみたいな、って思いました。
これからも、記事楽しみにしています。
【2007/10/29 16:28】 URL | mimi #tMJS4hz.[ Edit] | page top↑
Comment












管理者にだけ表示を許可する

Trackback
Trackback URL
http://white1111111.blog84.fc2.com/tb.php/133-282074d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
映画 life
映画を見ました今日は息子とオーシャン13を見ました。おもしろかったけど、私は前回の12の方がよかったかな&#12316;。相変わらずカメラワークが早いので、ぼ&#12316;っとしていたら...(続きを読む) 見たい映画今年の夏は 話題の映画情報ブログ【2007/09/08 22:28】
| Home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。