スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
テンプル騎士団 聖杯の伝説
クリスチャン・ヘルボ・ヴィンベア Christian Heldbo Wienberg

Tempelriddernes2_1.jpg

1361年、ヴァルデマール王は、ゴトランド島進行を開始
農民による抵抗を蹴散らし、首都ヴィスビーに向かった
王の容赦なき攻撃を受けるも、町を守る強固な壁に民は安心していた
だが王は賢かった・・・
テンプル騎士団の長ヤコブ・チャラを捕らえ
彼の娘のシグリッドに門を開かせた
王が率いるデンマーク軍は略奪のかぎりをつくした
だが王が求めていた宝はなかったとも言われている
テンプル騎士団の宝は・・・
この侵攻は民衆の怒りを買った
民はシグリッドが、王への愛から、門を開けたとし、罰として塔に生き埋めにすると決めた
シグリッドは潔白を証明できず、静かに罰を受け入れた
出口がふさがれるまで、騎士団総長の娘としてふるまった
出口に石が積み上げられていく
涙に濡れる顔を月が照らしていた・・・

[Story]
ヨーロッパ最大の勢力を誇りながら貴重な財宝と共に中世ヨーロッパの歴史上から突然姿を消したテンプル騎士団。しかし、900年の時を経て、騎士団は北欧の島で財宝と共に受け継がれていた!ところが騎士団総長となったカトリーヌの父が、突如姿を消してしまう。居なくなった父の痕跡を追って、カトリーヌはニス、マチアス、フィエと共にゴトランド島へ向かう。その島には騎士団の総長の娘シグリッドにまつわる恐ろしい伝説が残されていた。騎士団にまつわる謎解きと財宝をめぐる冒険、待望の第二弾!

Tempelriddernes2_2.jpg   Tempelriddernes2_3.jpg   Tempelriddernes2_4.jpg

Tempelriddernes2_5.jpg   Tempelriddernes2_6.jpg   Tempelriddernes2_7.jpg

[感想]
デンマーク映画のテンプル騎士団シリーズ第二弾。前作から1年後。夏休みにカトリーヌが訪れるのはボーンホルム島の父親の別荘。島では、幼馴染のニス、マチアス、フィエと楽しい休暇を送ろうとしていたが、またしてもテンプル騎士団の事件に関わることになってしまう。今回はゴトランド島に移動し、伝説の秘宝、キリストの聖杯を巡る新たな冒険が始まる。ゴトランド島の伝説の女性、騎士団総長の娘シグリッドの哀話がカトリーヌに被さる。運命を担う娘として類似する二人・・・。登場人物は前作とほぼ変わらないが、新たな人物、この島に住むカトリーヌの従兄弟のスヴェンが登場する。剣術に優れた中世オタクの相当キザなハンサム君だが、どこかアヤシイ。町はちょうど中世祭典の期間中なので、中世へタイムスリップしたかのような雰囲気である。なので、黒装束に身を包んだいかにもな黒の兄弟団に狙われても、人々には余興と思われてしまう。そして伝説の悲劇は再び。シグリッドに扮したカトリーヌが生き埋めにされてしまうかもしれない恐怖・・・。黒の兄弟団は相変わらずヘナチョコ悪役だが、真の敵は他に?・・・。そして、4人の中世コスプレも見所である。カトリーヌは勿論美しいが、ニスとフィエはとても可愛い。二人に笑われたが意外にもマチアスが一番似合う。また、中途半端な恋愛エピソードも絡んでくる。カトリーヌは対照的な二人、ニスとマチアスのどちらを選ぶのか。どちらかというとマチアスに傾きつつあったが。残念ながらニスは彼女に恋愛相手には見られてなさそう。だがカトリーヌ大好きな彼が、キャラクターに似合わず体を張って黒の兄弟団との直接対決という見せ場もあったので、ニスも譲らず5分5分である。しかし今回は決着つかず、二人とも友達ねとカトリーヌのさわやかな笑顔で終わってしまう。また、ニスの頭脳は前作に増して冴えまくる。相変わらずの長々セリフを熟すニスに感心した。この作品は大作ともB級ともいえない、新鮮なアドベンチャー映画と思う。ツッコミどころはあるものの、シリーズ物なので色んな視点から観ると面白いと思う。馴染が無いデンマーク語の響きは興味深く、イントネーションが心地良かった。
※第一作目『テンプル騎士団 失われた聖櫃』についての感想記事はこちら

TEMPLAR_2-42.jpg   TEMPLAR_2-48.jpg   TEMPLAR_2-53.jpg

TEMPLAR_2-63.jpg   TEMPLAR_2-75.jpg   TEMPLAR_2-76.jpg

TEMPLAR_2-77.jpg   TEMPLAR_2-86.jpg   TEMPLAR_2-87.jpg

『テンプル騎士団 聖杯の伝説』 Tempelriddernes skat II
2007年 デンマーク
監督 カスパー・バーフォード Kasper Barfoed
出演
ユーリエ・グルントヴィ・ヴェスター (Julie Grundtvig Wester) ・・・カトリーヌ
クリスチャン・ヘルボ・ヴィンベア (Christian Heldbo Wienberg) ・・・ニス
二クラス・スヴァーレ・アナセン (Nicklas Svale Andersen) ・・・マチアス
フレデリッケ・トーマッセン (Frederikke Thomassen) ・・・フィエ
David Owe ・・・スヴェン
ピーター・ガンツェラー (Peter Gantzler) ・・・クリスチャン(カトリーヌ父)
クアト・ラウン (Kurt Ravn) ・・・イサクセン

Links
Nordisk Film - Tempelriddernes Skat 2 ・・・公式サイト
@entertainment/テンプル騎士団 聖杯の伝説

ユーリエ・グルントヴィ・ヴェスター Julie Grundtvig Wester
TEMPLAR_2-43.jpg

TEMPLAR_2-96.jpg

TEMPLAR_2-65.jpg


クリスチャン・ヘルボ・ヴィンベア Christian Heldbo Wienberg
TEMPLAR_2-23.jpg

TEMPLAR_2-71.jpg

TEMPLAR_2-55.jpg

TEMPLAR_2-80.jpg

※第一作目『テンプル騎士団 失われた聖櫃』についての感想記事はこちら
ikiram.gif 気に入ったらこちら→ 洋画ランキング
スポンサーサイト

Thema: 美少年 - Genre: 映画

【2007/10/01 00:29】 | Others | Trackback(1) | Comment(6) | page top↑
<<雑記 | Home | テンプル騎士団 失われた聖櫃>>
Comment
アテネ五輪のハンドボール女子決勝は、とてつもなく長い試合となりました。デンマーク、韓国ともに譲らず延長戦も時間切れ、ついにペナルティ・スローによる決着でデンマークの優勝が決まりました。その瞬間、実は急遽アテネ入りしたデンマークのファンが大きく映し出され、拍手喝采の場面が世界へ向けて放映されたことは、今もまぶたに浮かんでまいります。

デンマークはこのハンドボールとサッカーそしてバドミントンが盛んな国として、私には強いう印象を残してくれています。

そのデンマークの思想家としておなじみのキルケゴールは、「インキをもっとも大量に消費した」せいもあるかもしれません。学会のお歴々から「デンマーク語でもっとも豊かな表現力を持つ作家」のお墨付きを得てはいるのですが、(再度この言い回しを使います)実は本国デンマークでは「宗教的な反逆者」と名指しされ、人気のほうはいまいちのようです。むしろドイツで人気があるとか。

追伸
今回は美少年だけでなく美少女も登場しましたので、私が最近発見した「元美少女」と「元美少年」を紹介します。あくまで「元」ですので。

http://www.skatetoday.com/dubedavison/
【2007/10/02 18:49】 URL | インド象 #mQop/nM.[ Edit] | page top↑
こんにちは。また来ました^^
いきなりですが、Dominic Scott Kay君という子を知ってますか?
最近では「パイレーツ・オブ・カリビアン」最新作のラストシーンに出演したことで話題になってるんですが、ものすごく可愛い美少年なんです!
こちらだとJoël Eisenblätter君と雰囲気似てる感じですね。女の子みたいに愛らしいんです^^
私は「バイバイ・ママ(Lover Boy)」で知ったんですけどまだ知らないなら是非!^^


【2007/10/04 14:10】 URL | Yuko #-[ Edit] | page top↑
インド象さん
こんにちは。
いつもコメントありがとうです!!
お返事が遅くなって、ごめんなさい・・・。
サッカーはたまにですが、デンマークのスポーツは観ることがなかったので興味持ちますね。北欧は冬のスポーツのイメージがありましたが。スポーツと言えば、この作品でもカトリーヌがヨットを操るシーンやフェンシングのシーンがあります。ヨットは特に印象的に使われていますが・・・。彼女は、美少女というより中性的な魅力を感じました。
それからリンクありがとうございました。
カナダのJessica Dube & Bryce Davison ですね。YouTubeでも探してみましたが、いいですね。
http://www.youtube.com/watch?v=_HX9tkK_a6E

Yukoさん
こんにちは。
いつもコメントありがとうです!!
お返事が遅くなってすみませんでした・・・。
「パイレーツ・オブ・カリビアン」の最新作は観てないんですが、こんな可愛い子が出演してるんですね。ドミニク・スコット・ケイ君、目が大きくて、ホント女の子みたいに可愛いですね。「バイバイ・ママ(Lover Boy)」も観たいと思います。こちらで↓いくつか写真が見られました。
http://www.moviekids.org/code/actor_page.php/029be3ba3fe1cb6759bb383fb46328e2/5360
Yukoさんからの情報、いつも感謝です!
【2007/10/16 20:31】 URL | soprano #JalddpaA[ Edit] | page top↑
sopranoさんお返事ありがとうございます!
ドミニク君ご存知なかったですか!?sopranoさんはとても美少年に詳しいので、てっきり知ってるんじゃないかと思いながら書いてました^^;
いえいえ~感謝だなんて…むしろご迷惑かな?と不安に思っています。…思いながらもついつい書き込んでしまいます(笑)
ドミニクは本当に可愛いですよね!天使みたいです(笑)
そうそう、天使みたいといえば、
また書いてしまいますが(迷惑かな~;)、この間たまたまレンタルしたDVDにまるで天使のような美少年が出ていたので紹介します!
「コアラのいたずらキッチン」という映画に、名前は Moritz Mack、ドイツ人です。
髪の毛がホント、金髪のエンジェルヘアで、美少年と思います。
http://malicieux.com/galleries/f_2125.html
http://www.agentur-gesichter.de/darsteller.php?who=25

あと、以前にホラーは苦手、とおっしゃっていので敬遠してたんですが… 「オーメン2」の主演 Jonathan scott Taylor君が、クールな美少年といった感じで素敵ですよ!
http://www.imdb.com/name/nm0779963/
http://www.fmstar.com/movie/j/j0459.html
http://www.youtube.com/results?search_query=+Jonathan+scott+Taylor&search=Search
こういう昔の映画(ベニスに死すや、ちいさな恋のメロディ等)って、独特のクラシカルな雰囲気を持った美少年・美少女たちが多い気がします。

は!…長々と失礼しました!;ではでは、また…。 いつもいつもすみません。
【2007/10/26 12:26】 URL | Yuko #1MSxrCdE[ Edit] | page top↑
あまのさわだです。
相互リンクお願いできないでしょうか?
http://signup77.blog109.fc2.com/

宜しくお願いします。
【2008/05/09 14:49】 URL | さわだ #-[ Edit] | page top↑
突然の書き込み失礼します。
私はブログを書いております横山と申します。

http://www.oyazisaru.com/

もし、宜しければ相互リンクしていただけないでしょうか?
検討宜しくお願いいたします。
【2008/06/19 00:18】 URL | 横山 #-[ Edit] | page top↑
Comment












管理者にだけ表示を許可する

Trackback
Trackback URL
http://white1111111.blog84.fc2.com/tb.php/138-42ef1de3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
【 アドベンチャー映画 】について最新のブログの口コミをまとめると
アドベンチャー映画に関する最新ブログ、ユーチューブ、ネットショッピングからマッシュアップした口コミ情報を提供しています。 プレサーチ【2007/10/01 16:56】
| Home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。