スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
ジュール・シトリュックの「ぼくセザール 10歳半1m39cm」
ジュール・シトリュック Jules Sitruk

8.jpg

リシャール・ベリ監督の『ぼくセザール 10歳半1m39cm
10歳半、身長1m39cmのセザール・プチを演じたのはジュール・シトリュック
まず、カメラをセザールの背の高さに合わせて、全ての映像は、1m39cmの高さで撮影された。そしてジュールは、人工の気ぐるみを着て、口に詰め物をし、太め男の子を演じたようです。

28.jpg

"坊や"なんていわれたくないセザールが恋をして、"ぼく"の存在を持つことができる。
セザールが初めて体験する出来事を、メルヘンでポップに描いたこの作品。
セザール目線のストーリー展開ですが、彼の独特な言い回しは、意外に鋭く、あー分かるー!と思えたり、ギクッとしたり、クスッと笑えたり・・・。
ジュール・シトリュックの、まさに、はまり役ともいえるセザール・プチ。
勘違いしたりもするが、彼はいつも真剣であるだけにおかしい。
・・・ホント大好きだな。この子! セザールワールド満載な作品です。
そして、学校で一番の美少女サラ役のジョセフィーヌ・ベリが、チョー綺麗で可愛い。そして彼女は、この映画の監督リシャール・ベリの実の娘でもある。彼女の母親は英国出身の元女優。彼女の美しさと英語力は母譲りみたいです。
ジョセフィーヌ・ベリ Josephine Berry  (1992年1月フランス パリ)
公式サイト→ ★www.josephineberry.com★
また、成績優秀で、スポーツ万能、かっこ良くてセンスのいい親友のモルガン役のマボ・クヤテ Mabo Kouyate も素敵です。
セザール、サラ、モルガン、3人それぞれの個性を、魅力的に引き出した、楽しい映画です。
ジュール公式サイト→ ★JulesSitruk.little-stars.info★

11.jpg

ぼく セザール 10歳半
身長1m39cm
少し太めだけど
そのことはあまり言われたくない


6.jpg

サラ・デルガド
まともな男で彼女を好きにならないヤツはいない

0003.jpg

でも"10歳の恋"はとても単純だ
顔を見つめて微笑み また見つめながら歩く

0004.jpg

とにかく見つめるだけ

0005.jpg

後は沈黙
サラの前だと 二言以上は話せない


ぼくセザール 10歳半1m39cm』 Moi Cesar 10ans 1/2 1m39

2003年 フランス
監督 リシャール・ベリ
出演 ジュール・シトリュック(セザール・プチ) ジョセフィーヌ・ベリ(サラ) マボ・クヤテ(モルガン) マリア・デ・メディロス(ママ) ジャン=フィリップ・エコフェ(パパ) ディディエ・ベニューロ(校長先生) ステファーヌ・ギヨン(サラのパパ) アンナ・カリーナ ジャン=ポール・ルーヴ
10歳半、身長1m39cmのセザール・プチ。ちょっぴり太めで、甘いものが大好きで、学校では目立たない存在の男の子。親友のモルガンは、成績優秀でスポーツ万能、かっこよくて、大人っぽい。でも彼は父親に会った事がない。フィッツ・パトリックという名前でロンドンに住んでる事は知っている。セザールは最近、転校してきたサラに恋をした。学校一の美人である。ある日、セザールの家に警察が来たが、子供のセザールにパパもママも何か隠しているようだ。そして、パパが突然の旅行に行ってしまった。セザールはパパが逮捕されてしまったと思い、心配になる。学校では、モルガンが口を滑らせ、パパが逮捕されたとみんなに知られるが、まるでヒーローのように注目され優しくされるようになる。校長先生にも、そしてサラにも優しくされるセザール。だが、どうやら勘違いだったらしい・・。パパや校長先生に怒られ、セザール学校での評判は一気に落ちた。だがサラとモルガンだけは、彼に優しくしてくれるのだ。ある日、離れて恋人と暮らしているサラのパパの家に、セザールとモルガンは招待される。3人で泊まるがセザールはサラとモルガンの仲が気になる。数日後、サラがセザールの家に泊まりに来た。サラにかっこいい所を見せたいセザールは、パパに反抗したが、怒られてしまう。そこでセザールはパパに、溜まっていた不満をぶちまけ、大袈裟に泣いて、サラに慰めてもらう。そこに突然モルガンが家にやって来た。雷の中、夜に一人で家にいるのが怖いらしい。二人ともサラに弱い所を見せてしまった。セザールの家に泊まる事になったモルガンは、サラにロンドンへ父親探しに行くと話している。そして英語が話せるサラも一緒に行くという。それを聞いたセザールは、サラとモルガンを二人きりにはできないし、パパの顔を見たくないから、自分も行くと言い出す。こうして、3人はモルガンの父親探しの為、準備を始めることにした。旅行費も苦心して調達した。そして、ロンドンへと旅立つ3人・・・。

1.jpg  2.jpg  22.jpg

15.jpg  16.jpg  24.jpg

25.jpg  30.jpg  31.jpg

スポンサーサイト

Thema: 美少年 - Genre: 映画

【2006/12/21 02:58】 | ジュール・シトリュック | Trackback(0) | Comment(0) | page top↑
<<ブラッド・レンフロ 「依頼人」 | Home | ジュール・シトリュックの「バティニョールおじさん」>>
Comment
Comment












管理者にだけ表示を許可する

Trackback
Trackback URL
http://white1111111.blog84.fc2.com/tb.php/36-c6fbbc32
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| Home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。