スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
エドワード・ファーロングの「ペット・セメタリー2」
エドワード・ファーロング Edward Furlong

PET_SEMATARY_2-43.jpg

スティーヴン・キング原作の映画『ペット・セメタリー』の続編『ペット・セメタリー2
スティーヴン・キングが脚色した前作に比べると、評価は低い。監督は前作と同じメアリー・ランバート。大女優の母親を、目の前で亡くした主人公の少年ジェフ役にエドワード・ファーロング

ペット・セメタリー(墓場)の奥に広がる霊場。
埋葬すると死者が蘇る・・・・ゾンビとなってだけど。
愛する者の死に深く悲しみ、その禁断の行動は、悲劇を齎す。
前作は衝撃的で心理的な恐怖があったが、2作目のこの作品はホラーが苦手な私でも恐怖感は無かった。生き返って凶暴化した犬、動物の惨殺シーン、友人ドリューの義父ガスのゾンビの暴走、蘇った大女優の母親ルネ・・・怖くないが気持ち悪い。唯一マトモなのはジェフの父親だけ・・・。
『T2』後の初主演となるエドワード・ファーロングだが、陰のある雰囲気が役柄に合っているが、もの凄く暗い。複雑な家庭環境、多感な頃にホラー作品は良くなかったかと勝手に想像。であるが、彼の美少年期全盛の頃の作品のひとつである。

ペット・セメタリー2』 Pet Sematary 2
1992年 アメリカ
監督 メアリー・ランバート
出演 エドワード・ファーロング アンソニー・エドワーズ クランシー・ブラウン ジャレッド・ラシュトン ダーレーン・フリューゲル

PET_SEMATARY_2-9.jpg

PET_SEMATARY_2-17.jpg

PET_SEMATARY_2-8.jpg  PET_SEMATARY_2-18.jpg  PET_SEMATARY_2-24.jpg

PET_SEMATARY_2-39.jpg  PET_SEMATARY_2-60.jpg  PET_SEMATARY_2-31.jpg

※エドワード・ファーロングのプロフィールの記事はこちら
スポンサーサイト

Thema: 美少年 - Genre: 映画

【2007/01/23 21:00】 | エドワード・ファーロング | Trackback(0) | Comment(0) | page top↑
<<マーク・レスターの「オリバー!」 | Home | エドワード・ファーロング>>
Comment
Comment












管理者にだけ表示を許可する

Trackback
Trackback URL
http://white1111111.blog84.fc2.com/tb.php/56-aa975a0b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| Home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。