スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
ヴィンセント・カーシーザーの「Heaven Sent」
ヴィンセント・カーシーザー Vincent Kartheiser

Heaven_Sent_0.jpg

万引き少年が事故で死亡し、天国で、試験期間3日で更生するという条件で、生き返るというファンタジックな物語。
主人公の少年エディ・チャンドラーをヴィンセント・カーシーザーが演じる。彼の映画出演2作目のこの映画では、撮影当時14歳くらいの彼の初々しい演技が好感である。そして、長めの前髪のサラサラ髪が凄く可愛い。小悪魔的な笑顔がチャームポイント(・・と思う)は、今も変らないが、エディ役のこの作品でも、美少年ヴィンセントのキュートな笑顔の魅力満載である。

Heaven_Sent_13.jpg

Heaven_Sent_6.jpg

作品自体は、不良仲間に唆され、非行に走った少年が、彼を更生させる為に天国から任命された保護観察官に扮した天使から、良心を学ぶという、いかにも教育映画といった内容である。だが、天国行きが、病院のエレベーターだったり、翼の無い天使が勤める一般的な会社のように設定された天国、天使が中年男・・・とオリジナリティが面白い。
守護天使のコミカルな中年男ハワードのちょっとした魔法(ホントは使用禁止らしいが)の力も借りてエディは、万引きした店に戻ってお金を返し、そこで偶然起こった強盗事件を解決する、障害者の少年に、バスケの楽しさを教え、不良に絡まれた彼を助けたりもする。そうして、正しい事、人助けをしながら次第に素直な心を取り戻すのである。
だが、一大事が起こる。エディの母親の恋人のパーカーが、彼女の職場のコンピューター会社の重要な情報を奪う陰謀を企てていた。そして、秘密情報を聞き出す為、彼女を倉庫に拉致したのだ。エディは、母親の危機に、「天使は人間の生命には干渉出来ない、唯一救えるのはエディだけだ」と言う、ハワードの力を借りずに、1人で母親の救出の為に乗り込んで行く・・・。
その魔法で、情緒不安定な人々を癒す天使のハワードの小さな奇跡。そして、教会で、神父に代わって指揮して甦った聖歌隊の少女達の非常に壮麗な歌声も見所である。

Heaven_Sent_18.jpg

Heaven_Sent_20.jpg

『Heaven Sent』
1994年 アメリカ
監督 クレイグ・クライド Craig Clyde
出演 ヴィンセント・カーシーザー(エディ) デヴィッド・ボウ(天使ハワード) メアリー・ベス・マクドノー(母親) ジェフリー・ローワー(パーカー)

Heaven_Sent_1.jpg  Heaven_Sent_2.jpg  Heaven_Sent_3.jpg

Heaven_Sent_5.jpg  Heaven_Sent_8.jpg  Heaven_Sent_9.jpg

Heaven_Sent_10.jpg  Heaven_Sent_11.jpg  Heaven_Sent_12.jpg

Heaven_Sent_14.jpg  Heaven_Sent_15.jpg  Heaven_Sent_16.jpg

Heaven_Sent_17.jpg  Heaven_Sent_19.jpg  Heaven_Sent_21.jpg

※プロフィールはこちら
※出演作『アラスカ/小さな冒険者たち』のレビューはこちら
★参加中→洋画ランキング
スポンサーサイト

Thema: 美少年 - Genre: 映画

【2007/02/12 15:17】 | ヴィンセント・カーシーザー | Trackback(0) | Comment(0) | page top↑
<<イアン・ホークスの「ラッキー・カフェ」 | Home | リヴァー・フェニックス>>
Comment
Comment












管理者にだけ表示を許可する

Trackback
Trackback URL
http://white1111111.blog84.fc2.com/tb.php/66-44f3be28
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| Home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。