スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
ビョルン・アンドレセン 「ベニスに死す」
ビョルン・アンドレセン Bjorn Andresen
 
DEATH_IN_VENICE-26.jpg

「アッシェンバッハはその少年が完全に美しいのに気付いた。蒼白で、上品に表情の閉ざされた顔、蜜色の捲毛にとりまかれた顔、まっすぐに通った鼻とかわいい口をもった顔、やさしい神々しいまじめさを浮かべている顔」
『ベニスに死す』原作の「高貴な時代のギリシャ彫刻」そのまま抜け出てきたかのような人間離れした美しさのアンドレセン少年。近寄りがたく高貴な雰囲気と無邪気で愛らしさを持つアンドレセン。神々しく透き通るようなその美貌、きりっと結んだ薄めの唇、碧眼の美しい瞳の妖艶な流し目、優雅な身のこなし、全てに於いて完璧な美少年である。
『ベニスに死す』の中で特にアンドレセンの美しさに感服するのは、エレベーターの中でアッシェンバッハの視線に気付いてクスクス笑う友人達の中、アッシェンバッハを挑発するかのように帽子を取り、美しい金髪を掻き上げるシーン。ドキっとします。

DEATH_IN_VENICE-0.jpg

1955年1月26日 スウェーデン、ストックホルム生まれ
『ベニスに死す』出演当時15歳。ストックホルムの音楽学校に通っていた。学校では古典音楽を中心に音楽教育を受けていた。友人らとバンドを組むなどビートルズが憧れのロック少年でもある。
5歳のとき父親に捨てられ、母親も自殺するという不幸な幼少時代。10歳から祖母に育てられる。
『ベニスに死す』の出演以降、何本もの映画出演の話が彼に寄せられたが、音楽に興味を持つアンドレセンの意向で実現しなかった。

DEATH_IN_VENICE-72.jpg

ドイツの作家トーマス・マン原作『ベニスに死す』の映画化に、ヴィスコンティ監督らは「ギリシャ彫刻のトゲを抜く少年」12歳程で金髪で碧眼のタッジオ少年を求めて東欧、北欧と大規模なオーデションをする。その中に15歳の少年ビョルン・アンドレセンがいた。ヴィスコンティは戸惑う。「残念、何て背が高いんだ。でもとても美しいよ」ひとまずアンドレセンは半裸にされ色々な角度から写真を撮られます。という撮影前のエピソード・・・。見事、タッジオ少年の役を獲得したアンドレセン少年。お馴染みのセーラー服姿の美少年が確立する。

DEATH_IN_VENICE-82.jpg

『ベニスに死す』 Death in Venice
1971年 イタリア
監督 ルキーノ・ヴィスコンティ 出演 ダーク・ボガート ビョルン・アンドレセン・・・
ベニス、リド島の海辺のホテルに保養に来た有名な音楽家アッシェンバッハは、ポーランド人一家の美少年タッジオに会い、一目で魅了される。アッシェンバッハの心はこの美しい少年への思いで乱される。一方タッジオもアッシェンバッハの視線に気がつき始める。以来アッシェンバッハは浜に続く回廊を少年を求めて彷徨う。疫病に罹っても尚、死化粧をその顔に施させ、ベニスの町を徘徊し、やがて海辺のデッキチェアに横たえる。彼の視線の向こうにタッジオ少年。醜く化粧は流れ落ちるが、少年を見つめながら笑みを浮かべ息を引き取る。

DEATH_IN_VENICE-11.jpg

DEATH_IN_VENICE-13.jpg

DEATH_IN_VENICE-15.jpg

DEATH_IN_VENICE-18.jpg

DEATH_IN_VENICE-19.jpg

DEATH_IN_VENICE-23.jpg

DEATH_IN_VENICE-35.jpg

DEATH_IN_VENICE-38.jpg

DEATH_IN_VENICE-40.jpg

DEATH_IN_VENICE-41.jpg

DEATH_IN_VENICE-50.jpg

DEATH_IN_VENICE-55.jpg

DEATH_IN_VENICE-57.jpg

DEATH_IN_VENICE-80.jpg

DEATH_IN_VENICE-83.jpg

IMGP1153.jpg

ikiram.gif 気に入ったらこちら→ 洋画ランキング
ビョルン・アンドレセンは、1969年、15歳の時ロイ・アンドレセン監督の『純愛日記』で、主人公のペルの仲間として、数カットの出演。翌年の1970年に行われた、オーディションにより、『ベニスに死す』の美少年タッジオ役で出演。オーディションの模様を記録したドキュメンタリー作品『タッジオを探して』(イタリア国営放送製作 ルキーノ・ヴィスコンティ監督)についての感想は後程・・・。
その後、彼はスウェーデンで、『Bluff Stop』(1977) 『Enfaldige mordaren』(1982) 『Grasanklingar』 (1982) 『Smugglarkungen』『Morrhar & artor』(1986) 『Lysande landning 』(TV)(1987) 『Maskrosbarn』(TV)(1989) 『Lucifer Sensommer - gult og sort』(1990) 『Kojan』(1992) 『Rederiet』(TV)(1994) フィンランド映画の『Pelikaanimies』(2004) 『Lasermannen』(2005) と出演している。
ビョルン・アンドレセンのその後について詳しく分からないが、1983年に結婚し、息子が生まれるが、1986年に病気により亡くなる。その後、娘が生まれている。しばらく映画から離れるが、1977年以降は、生活の為にも俳優業を続けていた。
スポンサーサイト

Thema: 美少年 - Genre: 映画

【2006/11/21 16:32】 | ビョルン・アンドレセン | Trackback(0) | Comment(14) | page top↑
<<ディディエ・オードパン 「寄宿舎 - 悲しみの天使」 | Home | DVDの紹介>>
Comment
「ベニスに死す」今まで生きてきてこの映画が1番好き。
アンドレセンの事、こんなに可愛い子供を残して何故お母様はと、胸が痛みます。
その後のアンドレセンは、生きるだけに人には解って貰えない様な苦労をされたと、
有りました。
【2006/12/07 02:01】 URL | dako #LhTButKU[ Edit] | page top↑
dako様

初めまして。
コメントありがとうございます。
「ベニスに死す」での美少年タッジオが強烈な印象だっただけに、どこに行っても付いて回り、まだ15、6歳の彼には両親の存在は必要だったかと私も思います。
【2006/12/07 17:55】 URL | soprano snow #-[ Edit] | page top↑
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2006/12/17 23:12】 | #[ Edit] | page top↑
dako様

コメントありがとうございます。
私も知らない事が多いので、教えて頂きたいなっと思います。
また寄ってって下さいね。
【2006/12/18 02:58】 URL | soprano snow #-[ Edit] | page top↑
実は予備校の同クラの男子にビョルンに超~にてる人がいるんですよ 
ビョルンのさわやかバージョンで髪はみじかめなんです。
めっちゃにてますよ~
【2007/07/26 20:07】 URL | まりこ #DdiHOXp.[ Edit] | page top↑
☆まりこ様

初めまして。
ご訪問ありがとうございます!!
ビョルンに超~似ている子が日本にもいるんですか!!
ビョルン似のさわやかな男の子、見てみたいものです^^
【2007/07/31 03:14】 URL | soprano #JalddpaA[ Edit] | page top↑
ビョルン・アンドレセンをこのサイトで初めて見て、こんなに美しい人間がいるんだ!と思って、なんか感動してしまって涙が出てしまいました 笑
「ベニスに死す」まだ見たことないので、
すぐ見ようと思いました!
「純愛日記」もちょっと動画見ただけで
すっごく興味がわきました♪
2本の素敵な映画と出会える気がします★
どうもありがとうございます!
【2007/10/13 20:32】 URL | にこ #-[ Edit] | page top↑
にこさん
初めまして。こんにちは。
ご訪問、コメントありがとうございました!!
「ベニスに死す」のビョルン・アンドレセンは神的な美少年と思います。
ぜひぜひ、観てみて下さいね。
「純愛日記」は、DVDですら日本での未発売なので私も観れていないんですが、この動画をupしてくれた方、有難いです。
【2007/10/16 21:00】 URL | soprano #JalddpaA[ Edit] | page top↑
こんにちは。ビョルン・アンドレセン、もう大ファンです!!彼にファンレターを送りたいのですが、どーしても宛先が見つかりません。。今現在、俳優活動をされていないからなのでしょうか??でも、2004年にペリカンマン(?)という映画でピアニストとして出演していたそうなんです!どうしてもビョルンに気持ちを伝えたいものです。。。
【2008/03/27 23:49】 URL | 恵 #-[ Edit] | page top↑
お久しぶりです、sopranoさん^^

実は、ブログを初めまして、こちらのサイト様を勝手ながらリンクさせて頂きました。
敬愛の意味を込めて^^♪

まだブログ初めて数日で、なんにも無い状態ですが、これから私も美少年とか色々と紹介していきたいと思いますので、よろしければコメント欄にでもお越しくださいね~(^^)/

もしよろしければ相互リンクしてほしいものです(笑)では、失礼しました~。
【2008/08/19 23:21】 URL | Yuko #-[ Edit] | page top↑
初めまして(o^ω^o)
この映画は10代のとき観て、まさに私の精神と被っていて一番好きな映画となりました。年を取って30近くなってくるとボガードの気持ちがわかるわかる。ヴィスコンティ大好き!今では「夏の嵐」のが好きだけど(^_^;)
サイト大変楽しく拝見しています(*´∀`*)
【2009/04/21 01:39】 URL | 刹那 #hE4kmW4M[ Edit] | page top↑
このコメントは管理者の承認待ちです
【2010/01/10 17:26】 | #[ Edit] | page top↑
このコメントは管理者の承認待ちです
【2010/03/19 23:52】 | #[ Edit] | page top↑
このコメントは管理者の承認待ちです
【2013/09/29 09:43】 | #[ Edit] | page top↑
Comment












管理者にだけ表示を許可する

Trackback
Trackback URL
http://white1111111.blog84.fc2.com/tb.php/9-42725a74
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| Home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。